【TaoTronics】5000円以下というハイコスパで人気の完全ワイヤレスイヤホンに、日本のユーザーに人気の高い新色ホワイトを追加!"SoundLiberty 53 ホワイト"発売

PR TIMES / 2019年11月22日 11時15分

発売後4日間限定で25%オフとなる発売記念セールも開催(300台限定/セール期間:2019年11月22日~24日まで)

先進の IT/デジタル家電企画/開発/販売で急拡大のサンバレージャパン(株式会社SUNVALLEY JAPAN 本社:東京都中央区 代表取締役:石 淵頁)は、ハイコストパフォーマンスを誇り人気を集めるオーディオ・家電ブランド”TaoTronics”より、手頃な価格設定と価格を超えたクオリティーで競争の激しいエントリークラス市場の中でも屈指の人気を誇っている完全ワイヤレスイヤホン "SoundLiberty 53"に、日本のユーザーに人気の高い新色ホワイトカラーを追加。2019年11月22日(金)よりAmazon.co.jp にて発売し、順次各ショップにて展開いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-672961-0.jpg ]

TaoTronics 完全ワイヤレスイヤホン SoundLiberty 53 ホワイト


商品詳細: https://www.taotronics.jp/soundliberty53
販売ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZVPD1JH
希望小売価格:オープン価格 (市場想定価格:4,800円前後)
JANコード:4589616082748



TaoTronics "SoundLiberty 53"は「より多くの方に快適にご使用いただける」完全ワイヤレスイヤホンとなることを目指し企画され、日本では2019年4月に"TT-BH053"として発売されました。その後防水性能や音質の強化、通話機能の追加などのスペック強化を施し、同年6月下旬に"SoundLiberty 53"へと名称も一新しリニューアルされた完全ワイヤレスイヤホンです。(*注1)
発売以来、5,000円を下回る手の届きやすい価格設定と価格を超えた質感・音質などのクオリティーが高く評価され、発売後即完売を記録するなどの人気の高い本製品に新しく"ホワイトモデル"をカラーバリエーションに追加し発売いたします。

ホワイトモデルはもともと"TaoTronics"ブランドとして、日本のユーザー向けにベストセラーモデルである"TT-BH07"で初めてホワイトモデルを投入。そのカラーリングは清潔感のあるカラーを好む日本のユーザーに広く受け入れられ、いま現在でも人気のカラーとなっております。
"SoundLiberty 53"においても発売後半年でグローバル販売台数13万台を突破。日本でも発売以降想定を上回る販売を記録し、幾度か完売するなど高評価を頂戴しました。そこでより多くのユーザー様にお使い頂けるよう"ホワイトモデル"の企画をスタート。
イヤホン本体もケースも全てピュアホワイトで統一し、イヤピースなども一般的なブラックのものからクリアなイヤピースへと変更することで、ピュアなイメージを演出。また本体の表面仕上げはマット仕上げを採用し、手触りの心地よさと高級感の演出も実現しております。既存のブラックカラーのシックなイメージとは対照的な明るいイメージにすることで、女性やファッションに敏感なユーザー層にも受け入れられるイヤホンになることを目指しました。

機能面では従来より展開している現行の"SoundLiberty 53 ブラック"モデルと同等のスペックを搭載。(*注1)

Realtek社製チップセット"8763BFR"を搭載し、最新のBluetooth 5.0に対応。またアンテナを突出しているイヤホン本体の先端部に配置するデザインを採用することで物理的な電波障害を軽減し、不快な再生中の音途切れや音飛びなどを極力抑えた安定的な接続を追及しました。

バッテリーもイヤホン本体がわずか片側5.4gというコンパクトなサイズにも関わらず、最大6時間の連続再生に対応する容量を搭載。更に収納用ケースにもバッテリーが内蔵されており、ケースに都度収納しながら使用することで最大40時間の合計再生時間を達成いたしました。普段の通勤通学での使用はもちろん、映画などの長時間コンテンツの鑑賞にも安心してお使いいただけます。

音質もφ6mm PET素材のダイナミック型ドライバーを搭載。眼前に迫ってくるような量感のある迫力の重低音は、電車や街中など大きな騒音が想定されるシチュエーションでも音痩せすることなく、臨場感のあるサウンドをお届けいたします。またiPhoneなどiOS機器との使用時に、より高音質でのリスニングを可能にする"AAC"コーデックにも対応しております。

その他現行のブラックモデルと同様、ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングを実行する"オートペアリング機能"やイヤホンに触れるだけで再生・停止や通話応対など基本的な操作が可能な"タッチコントロール機能"、水のトラブルからイヤホンを保護する"IPX7"対応など、日常使いしやすいユーザーフレンドリーな機能・性能を搭載しております。

SoundLiberty 53"で快適な音楽・動画鑑賞体験をお送りください。


(*注1) 発売時の初期モデル"TT-BH053"よりスペックアップしております。詳しくは下記の[ "SoundLiberty 53"と"TT-BH053"の変更点 ]の欄をご確認ください。


【製品情報】

■マットな質感で落ち着いた雰囲気のある新しいホワイトカラー
[画像2: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-431227-8.jpg ]

イヤホン本体もケースも全てピュアホワイトで統一。イヤピースなども一般的なブラックのものからクリアなイヤピースへと変更し、統一感を持たせました。また本体の表面仕上げはマット仕上げを採用し、手触りの心地よさの実現と高級感の演出もしております。既存のブラックカラーのシックなイメージとは対照的な明るいイメージにすることで、女性やファッションに敏感なユーザー層にも受け入れられるイヤホンになることを目指しました。


■快適な使用感を実現する自動ペアリング&タッチコントロール

[画像3: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-386916-7.jpg ]

完全ワイヤレスイヤホンを使用する上で難しさを感じるのがスマートフォンなどとの接続。"SoundLiberty 53"は自動ペアリング機能を搭載することで、この問題を解決しました。
製品のケースを開けるだけでイヤホン本体が自動的にペアリングを開始。初回にペアリング設定を行うだけで、次回からはケースを開けるだけでデバイスに自動的に接続いたします。

また小さな完全ワイヤレスイヤホンだからこそ困難となるのが、曲やボリュームの操作。ボタン式コントロールであると小さなボタンを見つけるだけでも一苦労。さらにはボタンを押し込むことで耳への圧力も掛かってしまいますが、”SoundLiberty 53”はタッチコントロールを採用することで操作の問題を解決。
イヤホンに軽く触れるだけで再生・停止やボリュームコントロール、曲の操作や通話対応などの基本的な操作が可能です。

[音楽モードの操作方法]


音楽再生/停止:イヤホン(LまたはR)のボタンを2回タップ
曲送り:イヤホン(R)のボタンを3回タップ
曲戻し:イヤホン(L)のボタンを3回タップ
ボリュームアップ:イヤホン(R)のボタンを1回タップ
ボリュームダウン:イヤホン(L)のボタンを1回タップ


[ハンズフリー機能]


電話を受ける:イヤホン(LまたはR)1回タップ
電話を切る:イヤホン(LまたはR)2回タップ
通話を拒否する:イヤホン(LまたはR)2秒間長押し
音声コントロール起動(siri):ビープ音が聞こえるまで2秒間長押し



■Realtek社"8763BFR"採用 安定した接続性と省電力性を実現

[画像4: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-580395-6.jpg ]

Realtek社製のチップセット"8763BFR"を採用し、最新のBluetooth 5.0に対応。またアンテナを突出しているイヤホン本体の先端部に配置するデザインを採用することで、物理的な電波障害を軽減し、完全ワイヤレスイヤホンを使用する上で一番の不快と感じる要因である再生中の音途切れや音飛びを最小限に抑えました。

また省電力化にも取り組み、イヤホン単体で最大6時間の連続再生を可能とし、さらにはバッテリーを内蔵した付属の充電ケースを併用することで一回のフル充電で合計最大40時間の連続再生を可能としました。

通勤や通学時には安心して快適にご使用頂けることはもちろん、映画やアニメなど長時間のコンテンツも電池切れを心配することなく安心してご視聴いただけます。


■完全防水レベルの高い防水性能 IPX7対応

[画像5: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-832836-4.jpg ]

"SoundLiberty 53"は日本工業規格(JIS)において「一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない」と定められている"IPX7"という高い防水性能を備えています。
突然の雨やトレーニング時の汗など日常生活で想定される水分からの保護はもちろん、家事の際やプールサイドなど水際でのご使用の際にも万一誤って水中にイヤホンを落とした場合にも故障などのリスクを低減いたします。

※防水性能はイヤホン本体のみ対応となります。付属のケースなどは対応しておりませんのでご注意ください。
※遊泳中の使用など、水中での使用には適しておりません。予めご了承ください。


【製品仕様】


ブランド名:TaoTronics (タオトロニクス)
モデル名:完全ワイヤレスイヤホン "SoundLiberty 53 ホワイト"
Bluetooth バージョン:Bluetooth 5.0
Bluetooth プロファイル:AVRCP_V1.6/HFP_V1.7/HSP_V1.2/A2DP_V1.3
チップセット:Realtek 8763BFR
対応コーデック:SBC、AAC
接続範囲:10 m
イヤホンバッテリー容量:45 mAh
充電時間:約 2.5 時間
イヤホン単体最大連続再生時間:約 6 時間
バッテリーケース併用合計最大再生時間:約 40 時間
防水等級:IPX7
ドライバー:φ6mm ダイナミック型ドライバー
本体サイズ:約 8.2 x 3.9 x 2.8 cm
重さ:約 5.4 g (片耳)
対応機種:iOS / Android/ Windows
保証期間:メーカー保証 12か月 + 追加延長保証 18か月(公式HPにて製品登録後適用)
その他:コールバック機能



[ "SoundLiberty 53"と"TT-BH053"の変更点 ]

"SoundLiberty 53"は2019年4月の発売当初、"TT-BH053"の名称で下記(右)の通りの仕様で販売開始いたしました。その後名称を"SoundLiberty 53"に改め、防水性能の向上や機能の追加などを主にスペックをアップデートし継続販売しております。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/22971/table/211_1.jpg ]


※2019年11月時点の比較データ
※現在販売している"SoundLiberty 53 ブラック"モデルも同等スペックとなります。
※"SoundLiberty 53"と"TT-BH053"はペアリング名で判別が可能です。お使いのスマートフォンなどのデバイスのBluetooth接続設定などからペアリング名をご確認ください。


【パッケージ内容】

[画像6: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-856613-13.jpg ]



完全ワイヤレスイヤホン"SoundLiberty 53 ホワイト"本体
充電ケース
イヤーピース XS/S/M/L 各種1ペア (1ペアは出荷時にイヤホン本体に装着済み)
Micro USBケーブル
ユーザーガイド



【発売記念セール情報】
発売記念として2019年11月24日(日) 23:59まで、300台限定で通常価格より25%オフとなるセールを開催いたします。数に限りがございますので、お求めのお客様はお早めにご検討ください。
[画像7: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-215224-18.jpg ]




通常販売価格:ホワイト 4,899円 (税込価格 ※11月22日時点)
2019年11月24日(日) 23:59まで、ご注文時にクーポンコード「TTBH053WPR」をご入力、ご適用頂きますと通常価格より25%オフとなります。
期間限定価格:ホワイト 3,674円 (税込価格 / 割引適用後の価格)
販売ページ ホワイト: https://www.amazon.co.jp/dp/B07ZVPD1JH

※発売記念セールは300台限定となります。予定販売台数上限に達し次第、期限よりも前倒しで終了となります。あらかじめご了承ください。
※既存カラーのブラックはセール対象外となります。


【カラーバリエーション】

[画像8: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-864713-9.jpg ]

SoundLiberty 53 ブラックモデル (既存モデル・2019年4月発売済み)


商品詳細: https://www.taotronics.jp/soundliberty53
販売ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B07QRH2LK9
JANコード:4589616086838



【製品画像】

[画像9: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-672961-0.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-912319-12.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-713126-16.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-414152-17.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-118542-14.jpg ]

[画像14: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-913543-10.jpg ]



【TaoTronicsについて】

TaoTronics - あなたのライフスタイルをより豊かに

2011年、グローバルで展開を進めているSUNVALLEYグループにより発足されたオーディオ・家電ブランド"TaoTronics"。
世界的に大ヒットモデルとなったワイヤレスイヤホンを始めとするTaoTronicsブランドの優れた製品は、各国のECサイトやショップなどでベストセラーなどを獲得し、全体で3,000万を超える方々にご愛用頂いております。
革新的なアイディアと優れた技術で皆様の生活に寄り添えるTaoTronicsブランド製品で、より快適で豊かな生活をお送りください。

TaoTronics公式サイト: https://www.TaoTronics.jp/
Twitter: https://twitter.com/Taotronics_JP
Instagram: https://www.instagram.com/taotronics.japan/
Facebook: https://www.facebook.com/TaoTronicsJapan/
LINE: http://nav.cx/hVp094N


[画像15: https://prtimes.jp/i/22971/211/resize/d22971-211-929152-11.jpg ]



【SUNVALLEYグループについて】

SUNVALLEYグループは2007年にアメリカで創業、現在はアジアのシリコンバレーとも呼ばれる中国深センに本社を構えています。
最先端技術を追求するモバイルバッテリーブランド「RAVPower」、オーディオ・家電ブランド「TaoTronics」、スマート家電ブランド「VAVA」など、先進の IT/デジタル家電を展開しているメーカーです。AppleやHUAWEIなど世界的に有名な企業出身のメンバーの陣頭指揮の下、お客様にお喜び頂ける製品を提案し続けることで世界各国で評価を頂き、今日までの成長を遂げて来ました。


【株式会社SUNVALLEY JAPAN】

株式会社SUNVALLEY JAPANは、SUNVALLEYグループの日本支社です。
SUNVALLEYグループの展開する数々の製品を、日本の皆さまへお届けいたします。

本社: 〒104-0042 東京都中央区八丁堀3-18-6 PMO京橋東9F
代表者: 代表取締役 石 淵頁
設立: 2013年7月
資本金: 500万円
Tel: 03-5542-0907
Fax: 03-5542-0917
URL: http://www.sunvalley.co.jp/
事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売(Sunvalley Groupの日本支社)


【本件に関する報道関係の方からのお問合せ先】

株式会社SUNVALLEY JAPAN
E-mail: press@sunvalley.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング