トランスコスモス、ディスプレイ広告運用サービス「digitafull(デジタフル)」の提供を開始

PR TIMES / 2013年2月20日 12時7分

DSP運用知見を活かし、お客様企業に最適なプライベートネットワークの構築をサポート



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、提供するインターネット広告サービスにおいて、ディスプレイ広告の運用からお客様企業のプライベートネットワーク構築までをサポートするディスプレイ広告運用サービス「digitafull(デジタフル)」の提供を開始しました。

近年、アドテクノロジーの進化により、広告効果の最大化を実現するための手法や配信技術が高度化するとともに、企業のソーシャルメディア活用が進むなど、企業とユーザーとの接点は拡大・多様化しています。それに伴い、ディスプレイ広告の運用手法も複雑化・高度化しており、作業工数・コストの削減や新たなプロモーションプランの作成などが、お客様企業の大きな課題となっています。

「digitafull」は、純広告・DSPをはじめとするディスプレイ広告の運用サービスです。入札方式RTB(Real Time Bidding)による広告枠の買付けから特定枠への配信までを管理することでレポートを一元化し、アトリビューション分析を踏まえた評価でお客様企業のプライベートネットワークを構築します。「digitafull」の特徴は、以下のとおりです。

●専門部隊による充実したサポート体制
DSPが普及した当初から、多くの提案・運用を行ってきたSEM・メディアプランナーおよびオペレーターを配置し、お客様企業の状況・要望に沿ったサポート体制で対応します。

●第3者配信エンジンへの取り組み実績
2005年より第3者配信エンジンを利用したアドネットワーク事業を開始しており、アドテクノロジーにおける多くの運用ノウハウを活かして提供します。

●プライベートネットワーク構築による拡張性
純広告・DSP運用により発見した最適なプロモーションプランから、お客様企業に適したプライベートネットワークを構築します。これまでリーチが難しかったユーザー層へのアプローチも実現します。

●アトリビューションへのチャレンジに対するコストダウンを実現
アトリビューション導入の際に追加費用なくサービスを提供します。

トランスコスモスは今後とも提供するサービスを通じて、お客様企業とユーザーのコミュニケーション活性化・最適化を支援していきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング