BSIジャパン、株式会社MEBACSにISO 9001(品質マネジメントシステム)認証を実施

PR TIMES / 2013年12月5日 17時11分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社MEBACS(東京都豊島区 代表取締役社長 深井 治郎、以下 MEBACS)へ ISO 9001 品質マネジメントシステムの認証を実施しました。(認証登録日:2013年11月1日)

 MEBACSは、大日本スクリーン製造株式会社のグループ企業として、プリント配線板製造装置などの搬入・保守サービス、既設装置の改造、周辺機器の販売を主要業務として事業を展開しています。このたび、より良いサービス提供のためISO 9001 品質マネジメントシステムを構築し、BSIジャパンから品質マネジメントシステム認証を取得しました。ISO 9001認証取得により、競争優位性の確保、ブランド力の強化による市場参入
機会の拡大、さらに業務の効率化や顧客満足度の向上など、多くの利益が得られる管理体制が強力に構築されたといえます。

株式会社MEBACS 代表取締役社長 深井 治郎 様からのコメント
◆ISO 9001認証取得の目的
MEBACSが独立企業として『良いMEBACSのサービスを提供する為のシステムを管理すること』です。すでに、大日本スクリーン製造株式会社のメディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニーに包括される形で取得し、
監査をはじめ、品質改善に取り組んでいましたが、事業環境変化に対応していくには、MEBACS単独で『顧客の要求する(顧客満足)サービス・製品を目指す仕組みづくり』の為に、『常に会社が良くなるように、ルール改正』をよりスピーディにしていく必要がありました。

◆ISO 9001取得にBSIを選んでいただいた理由
以前より取得している別の規格の監査において、より業務の実態に合った指摘・評価があり、業務フローの改善への結びつきや、効果的なマネジメントシステムの構築が出来るのではないかとの考えから、ISO 9001についてもBSIジャパンによる審査を継続させていただきました。

◆ISO 9001の構築・認証で良かった点
事務局・内部監査員等が積極的に取り組んでくれ、部門長を中心に構築でき、何より社員の仕組み作り
への意識改革ができたこと、並びに単独企業として構築し認証頂いたことです。

◆ISO 9001の今後の活用について
MEBACSが様々な環境変化に対応しPDCAを繰り返すことで、競争力・マネンジメント力の一層の強化を図るため、活用したいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング