《交流会参加者必見》BUDDYZ交流会参加者の仕事や参加目的に関する意識調査レポート【第一弾】

PR TIMES / 2018年9月7日 16時1分

広告・PR・デジタル業界人のための学びと交流プラットフォーム「BUDDYZ( https://buddyz.life/)」を運営する株式会社ホールハート(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小野進一、以下「ホールハート」)は、8月に開催されたBUDDYZ交流会の参加者に対して実施した意識調査レポートを公開しました。



BUDDYZでは、広告・PR・ITデジタル業界で働く皆さまが多くの人と出会い、業界自体がますます発展するように、定期的に交流会(ネットワーキングパーティー)を開催しております。

今回はBUDDYZが主催する交流会において、参加者にアンケートを実施いたしましたので、調査結果をお届けいたします。BUDDYZの交流会に参加しようと検討している方は必見です。


[画像1: https://prtimes.jp/i/11001/212/resize/d11001-212-758004-4.jpg ]

毎回、30名~50名で開催している広告・PR・ITデジタル業界で働く方のための交流会「BUDDYZ交流会」。

[画像2: https://prtimes.jp/i/11001/212/resize/d11001-212-473382-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/11001/212/resize/d11001-212-646045-1.jpg ]

参加者の属性は男性が61%、女性が39%で、年代別ですと20代の参加が一番多く65%という結果でした。

[画像4: https://prtimes.jp/i/11001/212/resize/d11001-212-439523-2.jpg ]

交流会の参加目的は「人脈作り」が41%と1番多い結果となりました。次に多かったのが「営業」と「有用な情報入手手段」という結果でした。交流会では自然と仕事の話になるため人脈が作れ、結果的に営業して仕事が取れるケースが多いという声もありました。

その他の詳しいレポートは調査レポートページからご確認ください。

▼調査レポートはこちら
https://buddyz.life/topics/report/3230


■BUDDYZ(バディーズ)とは
広告・PR・デジタル業界人のための学びと交流プラットフォームを企画運営。業界トップランナーによるトークセッションや、業界横断でネットワークを広げられ、ビジネスマッチングの機会にもなる交流パーティーなどのイベントを開催するほか、同業界で働く人や業界を目指す人たちにとって有益な情報を読み物コンテンツとして公開しています。

「BUDDYZ」 https://buddyz.life/
公式Facebook https://www.facebook.com/buddyz.life/
公式Twitter https://twitter.com/buddyz_life

■株式会社ホールハートとは
https://www.hallheart.co.jp/

株式会社ホールハートとは、広告・PR・デジタル・IT業界への転職、就活、副業支援に大きな強みを持つ、キャリアコンサルタント集団です。

【サービス内容】
●広告・PR・デジタル・IT業界の転職支援
「シンアド」 https://syn-ad.com/career/

●広告・PR・デジタル・IT業界の就活・就職支援
「シンアド就活2020」 https://syn-ad.com/2020/

●プロフェッショナル人材の副業紹介サービス
「プロの副業」 https://profuku.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング