[Marantz新製品] ネットワークプリメインアンプ PM7000N

PR TIMES / 2019年9月28日 16時40分

HEOS Built-in ネットワーク&ストリーミング時代のHi-Fiプリメインアンプ

マランツは、ネットワークプリメインアンプ「PM7000N」を2019年11月中旬に発売いたします。PM7000NはHDAM(R)や電流帰還型増幅回路などマランツ伝統の技術を駆使した高音質なプリメインアンプにHEOSテクノロジーを搭載。外付けのプレーヤー等を用いることなく、ハイレゾ音源(DSD 5.6 MHz、PCM 192 kHz / 24 bitまで)のネットワーク再生やAmazon Music※やAWA※、Spotifyなどのストリーミングサービスの再生を行うことができます。さらに、新たにサービスが開始された高音質ストリーミングサービスAmazon Music HD※にも対応しており6,500万以上のHD音質の楽曲と数百万のUltra HD音質(最大192 kHz / 24 bit)の楽曲を楽しむことができます(※ PM7000NでAmazon Music HD、Amazon Music、AWAをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です)。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3601/213/resize/d3601-213-788586-0.jpg ]



品名 :ネットワークプリメインアンプ
品番 : PM7000N
カラー:シルバーゴールド
希望小売価格: 120,000円(税抜価格)
JANコード : 49-51035-07103-8(PM7000N/FN)
発売時期 : 2019年11月中旬


入力端子は、アナログ入力を3系統、MM対応のフォノ入力を1系統、光デジタル入力を2系統、同軸デジタル入力を1系統装備しており、CDプレーヤーやレコードプレーヤーなど様々な機器を接続することができます。出力端子はヘッドホン出力、RECアウト、サブウーファープリアウトをそれぞれ1系統備えています。
 ネットワークやデジタルオーディオ回路を搭載することによる高周波ノイズの増加およびそのノイズによる音質への影響を防止するために、徹底した対策を実施。プリアンプ回路には、PM8006にも採用されている高性能ボリュームコントロールICにHDAM(R)とHDAM(R)-SA2を用いた増幅回路を組み合わせた可変ゲイン型プリアンプ回路を採用しました。一般的に使用される音量の範囲内ではプリアンプでの増幅を行わず、パワーアンプのみで増幅することにより、ノイズレベルの大幅な改善を実現。デジタル回路や電源トランスに対するノイズ対策の効果も合わせ、製品トータルのS/N比としては、PM7005比で11 dBもの向上を達成しました。また、ネットワークおよびUSBメモリー再生、Wi-Fi、Bluetooth回路は個別にオフにすることができ、不要なノイズの発生を抑えることができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3601/213/resize/d3601-213-335077-1.jpg ]


パワーアンプにはマランツこだわりのフルディスクリート電流帰還型回路を採用。増幅回路のLAPTトランジスタおよびドライバートランジスタの刷新に加え、大容量トランジスタと新開発のELNA製カスタムコンデンサー(15,000μF×2)の採用により、PM7005比で45%におよぶ瞬時電流供給能力の向上を実現。スピーカー駆動力が大幅に向上しバスドラムや大太鼓のような急峻に立ち上がり、かつ大きなエネルギーを必要とする低音のリアルな再生を実現しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3601/213/resize/d3601-213-833411-4.jpg ]


ネットワークオーディオやストリーミングサービスの操作はHEOSアプリで快適に行えます。またAmazon Alexa搭載デバイスからの音声コントロールにも対応しており、Alexaに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加えて、Amazon Musicの楽曲から楽曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することができます。また、TuneInのデータベースに登録されている世界中のインターネットラジオから好きな放送局を音声で呼び出すこともできます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM (WAV / FLAC / Apple Lossless)に対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay 2、Bluetooth(R)など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能が充実。HEOS Built-in機器同士のグルーピングや音楽の配信にも対応するため、ネットワークCDレシーバー「M-CR612」などのHEOS Built-in機器を追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築でき、どの部屋にいても好きな音楽を楽しむことができます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/3601/213/resize/d3601-213-275455-3.jpg ]



マランツ・ブランドについて
“Marantz”は1953年にソウル・B・マランツ氏が、米国にてプレミアムオーディオ製品の開発・製造・販売をおこなうブランドとして設立。プリアンプmodel 7、パワーアンプmodel 9をはじめ市場から名機と賞賛される数々の製品を世に送り出してきました。1982年には世界初のCDプレーヤー、CD-63を発売。
創業60周年を迎えた今、マランツはホームエンターテイメント機器のプレミアムブランドとして世界中で認められています。技術は日々進化すると同時に複雑さを増していますが、鋭い感性を持った音楽愛好家達の期待をも超越するという創業以来のソウル・B・マランツの精神は、常にマランツ製品の中に反映されています。
詳細は http://www.marantz.jpをご覧下さい。


※プレスリリースに記載された情報は発表日現在のものです。※仕様及び外観は改良のため、一部変更させていただくことがあります。 ※掲載商品の写真の色は、印刷の関係で多少現物と異なることがあります。

※HDMIおよびHDMIのHigh-Definition Multimedia InterfaceおよびHDMIロゴは、米国およびその他の国における商標またはHDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。※Windows、Windows Mediaは米国Microsoft Corporationの商標、または登録商標です。※Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社ディーアンドエムホールディングスは、これら商標を使用する許可を受けています。※Wi-Fi CERTIFIEDロゴは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。※DSD、Direct Stream DigitalおよびDSDロゴは、ソニー株式会社の登録商標です。※iPhone、iPod、iPod touch、AirPlay、iTunes は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。※AndroidおよびGoogle PlayはGoogle, Inc.の商標です。※“Spotify”および“Spotify”ロゴはSpotifyグループの商標です。※ Amazon、Alexa及び関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング