磁力のサポートで、意識が大きく変わる~イルチブレインヨガが全国で「マグネティック瞑想」を導入

PR TIMES / 2013年9月5日 10時41分

世界が注目する<新しい瞑想プログラム>が、お近くのヨガ教室で体験できる!

イルチブレインヨガを展開するダンワールドジャパンは、全国のヨガスタジオで、ダンワールドが独自開発した新しい瞑想法「マグネティック瞑想」のレッスンを開始しました。マグネティック瞑想は、小さな磁石を手にしながら瞑想することで、自分の中のエネルギーをより簡単に、より深く感じることができるプログラムです。イルチブレインヨガのスタジオでは、基本レッスンである「一般クラス」のメニューの一つとして取り入れています。瞑想をもっと身近で手軽なものにできるマグネティック瞑想を体験してみませんか!?



■身の回りにあふれる磁石
みなさんは「磁石」と聞いて何を思い浮かべますか?磁石は、私たちの身近なところで数えきれないほど多く使われており、ふだんはあまり意識することすらありません。冷蔵庫のドアからハンドバックの留め金、ネジを締めるドライバーの先端に至るまで、磁石は生活のあらゆるところに浸透しています。クレジットカードやパソコンのハードディスクも、磁石の力で情報を記録しています。

■地球は巨大な磁石
実は、私たちが住む地球も、それ自体が巨大な磁石です。地球は北極が「S極」、南極が「N極」となっており、北極から南極に向けて磁力線が走っています。方位磁石(コンパス)の針が常に南北を指すのはこのためです。つまり、地球は大きな磁界ですっぽり覆われているのです。

■すべての物には磁力がある
また、この宇宙に存在するすべての物質は、多かれ少なかれ、磁気を帯びています。物質を構成する原子は、原子核とその周りを走る電子から構成されていますが、原子核と電子の間では電磁力が発生しています。このため、花や木、人間などの生物だけでなく、道端転がっている石やテーブルに置いてあるコーヒーカップも、磁力を帯びているのです。

■磁力のパワーでエネルギーを感じる
マグネティック瞑想は、この磁力の力を活用した新しい瞑想法です。磁石を手に持つことで、瞑想中に体内のエネルギーを感じやすくなります。意識を自分の気エネルギーに集中させることで、雑念が取り除かれ、脳波が「アルファ波」に変わります。その結果、心身がリラックス状態へと導かれ、体の自然治癒力が回復していきます。仕事や勉強にも集中しやすくなります。

■自分を客観的に観察できる
マグネティック瞑想では、磁石を持って、簡単な動作をしながら瞑想をします。ただし、集中する対象は、磁石や動作ではなく、磁力や動作が生み出すエネルギーとエネルギー空間です。エネルギーを早く感じられるようになることで、より深い瞑想状態に入り、自分自身を客観的に観察する力が養われます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング