akippa、「シェアリングは、安心の時代へ。」をテーマにSOMPOホールディングスと資本業務提携。累計調達額は約35億円に。

PR TIMES / 2019年10月3日 11時0分

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、SOMPOホールディングス株式会社(グループCEO執行役社長:櫻田 謙悟、以下「SOMPOホールディングス」)および損害保険ジャパン日本興亜株式会社(取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)と提携し、「シェアリングは、安心の時代へ。」をテーマに、共同で駐車場シェアリングの推進をすることをお知らせします。
また同時にSOMPOホールディングスを引受先に第三者割当増資により資金調達を実施し、これまでの累計調達金額は約35億円になりました。
さらに、本提携および資金調達を記念し、「シェアリングは、安心の時代へ。」総額100万円が当たるキャンペーンを実施いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-494903-0.jpg ]


個人の所有する空き家数は平成30年に846万戸、空き家率は13.6%と過去最高を記録しており(※1)、社会課題の一つになっています。

近年ではシェアリングエコノミーが普及し、認知度は2018年42.4%から2019年には47.5%、利用率も13.3%から15.4%とそれぞれ増加しており(※2)、遊休資産の利活用が進んでいるものの、一方で、個人におけるシェアリングエコノミーを利用する上での課題として、モノ・サービス等の利用者、提供者とも「事故やトラブル時の対応が不安」という回答が最も多い現状があります(※3)。
そのような不安から、遊休資産を持っていてもスペースを貸し出しをためらう駐車場オーナーも多くいます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-203486-1.png ]

一方、損保ジャパン日本興亜をはじめとする損害保険業界は、現在は自動車保険による収入保険料が売上の過半を占めるものの、自動運転の普及、高齢者の免許返納、カーシェアの普及など市場環境の変化により今後自動車保険の需要減少が見込まれており、MaaS関連事業の取り組み等、自動車保険に頼らない事業を強化している現状が散見されます。

そこで、安心感の付与を課題とするakippaは、安心感を強みに持つSOMPOホールディングスから出資を受け、「シェアリングは、安心の時代へ。」をテーマにこれらの困りごとの解決に取り組んでいきます。
そして2022年末までに累計会員数1,000万人、累計駐車場拠点数20万拠点の実現を目指します(2019年9月時点150万人、3万拠点。)。

■「シェアリングは、安心の時代へ。」提携予定内容について
(1)代理店網の活用
損保ジャパン日本興亜は、全国にある約5万店の保険代理店を通じて「安心」を届ける保険商品を販売しています。今後はakippaがそれらの保険代理店網をパートナーとして活用し駐車場開拓を進めます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-405842-2.jpg ]


(2)共同保険商品の開発
駐車場オーナー・ユーザー双方の不安解決を目指し、駐車場での自動車リスクに特化した専用保険の開発を共同で検討していきます。

(3)両社の強みを活用
akippaは、「安心・安全」を届ける約 5万店のリアルな保険代理網と約1,300万件の自動車保険データを有するSOMPOホールディングスの強みを活かし、オーナー、ユーザー双方に便利なサービスの提供を検討していく予定です。

(4)資金調達
上記のような困りごとの解決を推進するため、akippaはSOMPOホールディングスを引受先に第三者割当増資による資金調達を実施しました。なお、今回の資金調達によりこれまでの累計調達金額は約35億円となりました。
また、資金調達に合わせ、損保ジャパン日本興亜から社外取締役2名が新たに就任いたします。


また、本提携をきっかけに、akippaでは『駐車場シェアあんしん窓口』の設置推進および、駐車場の新規登録促進キャンペーンを実施します。

■『駐車場シェアあんしん窓口』について

[画像4: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-871994-3.jpg ]

現状akippaへの駐車場貸出を希望する個人の駐車場情報登録は、原則インターネット経由のみとなっており、店舗などでの登録はできません。

▼駐車場登録のURLはこちら
https://www.akippa.com/owner

しかしながらakippaの駐車場オーナーである70代、80代においてはインターネットの普及率が低く70代は53.6%、80代以上は23.4%という調査データ(※4)があります。

「遊休資産を活用したいがインターネットが使えない」「インターネットでの登録に不安がある」といった困りごとを解決するため、保険代理店や不動産管理会社の窓口の活用などを視野にakippaは、駐車場貸し出しについて対面で相談ができる『駐車場シェアあんしん窓口』の設置を進めていきます。

■「シェアリングは、安心の時代へ。」総額100万円が当たるキャンペーン
本提携を記念して、駐車場を新規登録したオーナー向けに総額100万円が当たるキャンペーンを実施します。
対象者:
2019年10月1日~2020年3月31日の対象期間中に初めてakippaへの貸出登録を行い、期間中の車室売上合計が10,000円(税抜)以上の駐車場オーナー

賞品:
抽選で100名さまに現金10,000円

キャンペーンページURL:
https://www.akippa.com/alliance-sompoHD
[画像5: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-150847-5.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/16205/213/resize/d16205-213-645872-4.png ]


akippaはこれからも、企業との提携、新サービスの提供などを通じ、困りごとの解決に取り組んでまいります。


※1 総務省統計局
平成 30 年住宅・土地統計調査 住宅数概数集計
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_youyaku.pdf

※2 PwC 国内シェアリングエコノミーに関する意識調査2019
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/2019/assets/pdf/sharing-economy1907.pdf

※3 中小企業庁委託「消費者行動の変化に関するアンケート」(株式会社野村総合研究所)
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H29/h29/html/b2_3_4_3.html

※4 総務省「通信利用動向調査」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html


■損保ジャパン日本興亜とは
損保ジャパン日本興亜は、SOMPOホールディングスグループの中核会社として、国内損害保険事業を展開しています。SOMPOホールディングスグループの経営理念である「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスの提供」を実現していくため、自動運転やドローンを始めとする近年の技術革新によるお客さまニーズや産業構造の変化に着目し、新たなビジネスモデルや新事業の創造を担う専門組織を新設するなど、既存事業の成長と新たな価値創造に向けたイノベーションを積極的に進めています。
https://www.sjnk.co.jp/

■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設・オフィスビルなど空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。
2019年9月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計3万拠点を確保しており、会員数は150万人を突破しました。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング