ホリデイ・イン リゾート調査 - 97%の子供が「大人も子供も休暇は必要」

PR TIMES / 2014年1月20日 19時39分

圧倒的な声は「子供にも休暇がほしい、でもそれ以上に両親に休暇をあげたい」

ゆったり楽しめる休暇は、誰もが取りたいもの。子供といえどもけっして例外ではありません。宿題、家の手伝い、常にいい子でいることまで、さまざまな要求に応えなければならない現代の子供たちの日常も意外に大変です。ホリデイ・イン リゾート(運営:IHG、本社:英国)が全米の子供および保護者1,500人を対象に消費者調査(「Kid Classified*」)を実施した結果、子供たちの実に97%がこうした点を根拠に「自分(子供)にも休暇をもらう資格がある」と考えていることがわかりました。



ゆったり楽しめる休暇は、誰もが取りたいもの。子供といえどもけっして例外ではありません。宿題、家の手伝い、常にいい子でいることまで、さまざまな要求に応えなければならない現代の子供たちの日常も意外に大変です。ホリデイ・イン リゾート(運営:IHG、本社:英国)が全米の子供および保護者1,500人を対象に消費者調査(「Kid Classified*」)を実施した結果、子供たちの実に97%がこうした点を根拠に「自分(子供)にも休暇をもらう資格がある」と考えていることがわかりました。

それ以上に多かったのが「お父さんやお母さんにも休暇をあげたい」という回答です。仕事や家事に忙しすぎて不機嫌になったり落ち込んだりすることもある両親の姿を、子供たちはしっかりと見ています。同調査ではさらに、家族旅行のあり方を大きく左右する子供たちの意見の重要性も明らかになりました。「休暇旅行の行先を決定する上でお子様の意見は影響力がありましたか」という質問では、9割近い保護者が「あった」と答え、テーマパーク、ビーチ、大都市などが人気の旅行先として挙げられました。

家族旅行のお客様にとっては、お子様向けの設備やサービスの有無も大きな関心事。宿泊するホテルにぜひ欲しい設備として、ご家族の85%が「プール」を挙げました。以下、「キッズ・スイート」(64%)、「お子様のお食事無料」(62%)、保護者の方々にゆったりくつろいでいただけるよう施設内でお子様が楽しく遊べる「アクティビティ」(61%)などが、ホテル選びの際に考慮する設備やサービスとして続いています。

ホリデイ・イン ブランドファミリーのブランドマネジメントディレクター、リー・リン・テオは、次のように述べています。「休暇は、年齢に関わりなくご家族のどなたにとっても必要な時間です。ホテルを選ぶ際、ご両親はまずWiFi(無線インターネット接続)、パーキング、朝食といった設備やサービスの有無を気にかけられますが、お子様向けに楽しいゲームや各種のアクティビティが無料でご利用いただけるホテルがあることは、まだそれほど認知されていないようです。ホリデイ・イン リゾートは、これらすべてを標準的にご用意しているだけでなく、レストランなどのバラエティ豊富な料飲施設、夜間のエンターテインメント、各種のレクリエーション施設も取り揃え、ご家族がそれぞれにお楽しみいただける休暇のひとときをお得な料金でご提供しています。常にお客様のニーズを大切にするホリデイ・インのブランドファミリーは、世界中でお子様と保護者の方々が求めるアメニティの充実にこれからも努めていきます。」

今回のホリデイ・イン リゾートの調査(「Kid Classified」)では、回答した保護者の半数以上が休暇に関する最重点課題として「旅行中の出費を節約すること」を挙げていますが、ホリデイ・インは「Kids Eat and Stay Free**」でお子様の宿泊・お食事無料サービスを提供し、そんなご家族を応援します。またホリデイ・イン リゾートでは、ご家族すべての皆さまにお得に楽しんでいただける館内レストラン、エンターテインメント、レクリエーション施設などを豊富にご提供します。

一方、子供たちの10人のうち4人は「休暇で最も重視する要素は楽しさ」と回答しています。ホリデイ・イン リゾートではご家族の一人一人に休暇を満喫していただけるよう、各年齢のお子様向けにリゾート内外での多彩なアクティビティが用意されたキッズ・クラブを運営しています。

このほか、この調査結果からは次のようなことがわかりました。

子供に向いた旅行先の人気が上昇中:テーマパーク、ビーチ、大都市などが旅行先として人気を集めています。よく行く旅行先として「テーマパーク」を挙げたファミリーは全体の29%に上り、「ビーチ」と「大都市」がそれぞれ23%でこれに続いています。
保護者にも休暇は大切なひととき:64%が「仕事から完全に解放される時間を持ちたい」と回答しています。
子供たちはなによりも楽しさ重視:休暇でしたいことについての質問では、子供らしく「楽しいことをする」(40%)という回答が、「休息する」(28%)、「家族と過ごす」(21%)をおさえて最も多くの支持を集めました。


ホリデイ・イン リゾートは、世界一低い標高で知られるヨルダンの死海、眼前に青いラグーンが広がるモルディブのカンドゥーマ、トルコブルーの洋上に浮かぶタイの名勝地ピピ諸島など、世界34の人気休暇スポットに展開しています。


*ホリデイ・イン リゾート調査(「Kid Classified」)について
ホリデイ・イン リゾートがヒル アンド ノウルトン ストラテジーズ社と共同で2013年9月6日~9日に実施した調査で、全米の子供および保護者1,500人を対象にオンラインアンケートの形式で実施されました。

**「Kids Eat and Stay Free」サービスについて
IHGのお子様の宿泊無料:AMEA(アジア、中東、アフリカ)地域のホリデイ・インのホテルおよびリゾートでは、1室あたり最大で大人2名様とお子様2名様でご宿泊のご家族について、保護者の方と同室される18歳未満のお子様は無料でお泊りいただけます。
また、大人のお客様が最低1名ご同席の上、ホテルのレストランで通常のコースまたはアラカルトメニューからメインのお料理を正規の料金で1品以上をご注文いただくと、13歳未満のお子様は朝食が無料となり、ランチおよびディナーはお子様用メニューから無料でご注文いただけます。ご利用に際しては、無料のお子様および同席のお客様全員がこのホテルにご宿泊中のお客様であることが条件となります。また、無料サービスは、ご家族が宿泊されているホテル内、およびレストランが通常定める朝昼夕食の提供時間内に限らせていただきます。1家族あたりお子様4名様まで無料でお食事いただけます。ルームサービスおよびプールサイドサービスは対象外となりますのでご了承ください。また、10名様以上の団体向けに特別に設定された料金や旅行関連企業の社員割引料金でご宿泊のお客様にはご利用いただけません。


ホリデイ・インについて

全世界で1,200以上のホテルを展開するホリデイ・インは、世界ナンバーワンの知名度を誇るホテルブランドです。中国市場には、外資系ホテルブランドの中でも最も早い1984年から展開しています。ホリデイ・インのブランドは、ビジネストラベルのお客様ニーズに応えるサービスと、あらゆるお客様にリラックスして滞在を楽しんでいただくためのさまざまなアメニティ(レストラン、ルームサービス、プール、フィットネスセンター、ラウンジ)をご用意。ホリデイ・インのブランド創設時から掲げる「お客様の旅のニーズに応える」の理念の下、カジュアルな雰囲気と、宴会場をはじめ館内のビジネス設備、「お子様の宿泊・お食事無料」サービス、キッズ・スイート(全ホリデイ・イン リゾートにご用意)などのさまざまな設備とサービスを充実させることで、国民的人気を誇るホテルブランドとしての地位を築いてきました。2011年と2012年には、調査機関J.D.パワーが実施する「北米ホテル宿泊客満足度調査」で中級フルサービス・ホテルチェーン部門の1位にランクされました。ホリデイ・インとホリデイ・イン リゾート(IHGのバケーションリゾートブランドであるホリデイ・イン クラブ バケーションズを含む)についての詳細は、公式サイト(www.holidayinn.com)でご案内しています。また、Twitter( http://www.twitter.com/holidayinn)およびFacebook(www.Facebook.com/holidayinnhotels)でも最新ニュースをお届けしています。

ホリデイ・イン リゾートについて

世界各地に36のリゾートホテルを展開するホリデイ・イン リゾートは、高い知名度と信頼を誇るホリデイ・インのブランドファミリーにふさわしく、ご家族でリラックスしながら楽しめるリゾート体験をお届けします。各地の人気リゾート地を中心に開発が進められているホリデイ・イン リゾートは、絶好のロケーション、良質な施設、サービス、アクティビティが特徴です。お客様のお好みに応じたバラエティ豊富なお食事をレストランや屋外でお楽しみいただけるのはもちろん、スイミングプール、フィットネスセンター、お子様連れのお客様専用のキッズ・スイート(KidsSuites)やお子様向けのアクティビティもさまざまに取り揃えています。また、ナイトライフを盛り上げるライブ演奏、カラオケ、コメディーショーなどのエンターテインメントもすべてのリゾートで開催しています。ホリデイ・イン リゾート ブランドについての詳細は、公式サイト(www.holidayinnresorts.com)でご案内しています。

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)について

インターコンチネンタル ホテルズグループ(IHG)【LON:IHG; NYSE:IHG (ADRs)、本社:英国】は、インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ、ホテルインディゴ、クラウンプラザホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・インホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・インエクスプレス、スティブリッジ・スイーツ、キャンドルウッド・スイーツ、EVENホテルズ、HUALUXE(華邑) ホテルズ&リゾーツといった9つのホテルブランドを展開するグローバル企業です。また、IHGのIHG Rewards Club (IHGリワーズクラブ)は、業界初、会員数7,600万人以上で世界最大のホテル会員組織です。
IHGは現在、世界の約100 の国や地域において4,600以上のホテル、67 万9,000の客室を所有、運営、リース、もしくはフランチャイズ契約しています。さらに、IHGが現在開発しているホテルは世界中で1,000以上あり、これにより今後数年間でおよそ90,000人が雇用される計画です。
インターコンチネンタルホテルズグループ PLCは、グループの持ち株会社であり、英国で法人格を取得し、イングランドとウェールズに登記しています。

IHG では、各種情報の入手や、宿泊予約をインターネット上で行うことができます。各ホテルに関する情報、及びご予約に関しては、www.ihg.com 、また、グループのホテル会員プログラムのIHG Rewards Clubに関しては、www.ihgrewardsclub.com をご確認ください。
IHGの最新情報については、メディア向けページwww.ihg.com/media のほか、www.twitter.com/ihg 、 www.facebook.com/ihg 、www.youtube.com/ihgplc をご覧ください。(いずれも英語サイト)
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイトURL: www.anaihghotels.co.jp
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのプレスリリースウェブサイトURL:
www.anaihghotels.co.jp/corporate/pr

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング