フジテレビ“現役ママ”アナが心をこめて朗読する、録りおろし絵本20作品を配信!

PR TIMES / 2014年7月4日 12時14分

~オーディオブックアプリ『kikel.jp』が子どもに正しい日本語を学ばせる知育系を強化~

(株)エムティーアイが運営する、プロの読み手が様々な書籍を朗読する、スマートフォン・タブレット向けオーディオブックアプリ『kikel.jp』は、7月4日(金)より、フジテレビの人気女子アナウンサー7名が本アプリのために朗読した、「ももたろう」「しらゆきひめ」などの絵本20作品を配信します。
『kikel.jp』は、子どものための絵本をはじめ、小説・落語など幅広い世代が興味を持つ作品を、目で読むのではなく耳で聴いて楽しめる、プロの読み手にこだわった定額聴き放題のオーディオブック配信サービスです。
今回は、子育て経験のあるフジテレビ女子アナウンサーが、“現役ママ”の経験を活かして子ども向けの絵本を朗読してくれました。
近年“ら抜き言葉“など日本語の乱れが指摘される中、『kikel.jp』では今後、子どもたちが「正しい日本語」に触れ学ぶ機会を創出する知育系コンテンツを強化し、育児に役立ててもらいたいと考えています。



◆フジテレビの“現役ママ”アナによる、絵本の録りおろし作品!
『kikel.jp』では、これまでもフジテレビアナウンサーが朗読する作品を配信してきましたが、今回は「フジテレビお台場文庫×kikel.jp 連携企画 第3弾」として、“現役ママ”アナウンサーが自身の子育て経験を活かして、育児中の母親とその子供たちのために絵本を朗読してくれました。
朗読を担当したのは、松尾紀子さん・佐藤里佳さん・西山喜久恵さん・武田祐子さん・川野良子さん・中村仁美さん・遠藤玲子さんの“現役ママ”アナウンサー7名です。
『kikel.jp』の絵本を読み聞かせることで、子どもと一緒に楽しむコミュニケーションツールとしての利用だけでなく、日々仕事や家事・子育てで忙しい母親が、自分の時間を作るため、また読み聞かせのスキルアップにも役立ちます。

◆人気の絵本20作品を朗読、プロの読み聞かせで「正しい日本語」の学習を!
今回配信するのは、『kikel.jp』で配信中の絵本から人気の20作品を、新たに録りおろしたオリジナルの朗読作品です。「ももたろう」「しらゆきひめ」など、子供なら誰でも夢中になる物語を、アナウンサーの正確な語りと、現役ママならではの子供を引き付ける魅力的な表現力で楽しめます。
近年は“ら抜き言葉”など日本語の乱れが指摘されていますが、絵本は物語や絵を楽しむだけでなく、絵と一緒に文章を読み進めることで、言葉の意味や使い方を覚えるといった教育的側面もあります。
『kikel.jp』を活用して、プロの読み手の正確で美しい発音で語られる物語を聞くことで、子供たちが「正しい日本語」に触れ、身につけることができるようになる学習の一環としての役割も担っていきたいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング