シリア:紛争の中で生きる人びとの1日を追って――映像・写真特集を公開

PR TIMES / 2014年8月14日 19時2分



シリアが内戦状態に陥って3年半が経過。これまでに15万人以上が命を奪われ、900万人以上が住まいを追われ、うち300万人は難民として国外で過酷な生活を送る。国境なき医師団(MSF)は、数字だけでは見えてこないこの紛争の影と、人びとの暮らしに光を当てるべく、医療従事者、患者、難民の視点からシリア紛争の1日を追った映像と写真エッセイを制作・公開した。本特集「シリア内戦:戦火からの距離、帰郷までの距離」は、シリア紛争の過酷さと、絶え間なく増える幅広い医療ニーズを描き出している。

特集URL:http://www.msf.or.jp/news/detail/special_1555.html

<無慈悲な紛争>

「私は昨年後半にシリアを訪れ、爆撃によるケガや、治るはずの病気で苦しむ子どもたち、避難場所のない家族、安全な環境で出産できない妊婦を目にしました。シリア問題を語る時、総じて人間性に欠ける部分があります。それは基本的に数字が話題になるからです。今回の特集が伝えるのは、残酷で無慈悲な紛争が人びとに及ぼす罪なのです」。MSFインターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師はそう説明する。

本特集制作にMSFとともに携わったのは、ケイト・ブルックス氏、ユーリ・コジレフ氏、モイセス・サマン氏、ダニエル・エッター氏、トン・クーネ氏ら実績豊富な写真家・映像作家だ。2013年末に、イラク、レバノン、ヨルダンに逃れた難民を援助するMSFの医療施設を訪れ、現場の状況と1日の活動の流れを取材した。映像や写真からは、日々の問題や恐怖、そして母国シリアの状況までもが垣間見えてくる。

■ ヨルダン北部ラムタ
シリア国境までわずか5km、内戦の爆音も届く距離にあるこの街のMSFの医療施設に、重傷者3人を搬送中との知らせが届く。MSFの外科医で、自身もイラクからの難民だったハイダル・アルワシュ医師が研修を切り上げ、手術に備える。「ここでの仕事は非常に求められることが多いのですが、患者には今それが必要なのです。明日や来週ではないのです」

■ イラク北西部ドミーズ難民キャンプ
人でごった返すこのキャンプには、6万人以上のシリア人難民が暮らす。ムスタファ・ハリル医師は自身もシリア人難民だ。朝、彼の視界に飛び込んでくるのはMSF診療所の開所を待つ何十人もの姿だ。カメラが慌ただしい治療活動の1日を追う。MSFの地域保健担当者2人が、入り組んだテント群の合間を抜けていく。難民世帯を訪問し、医療を受けられることを周知するのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング