1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

11/10、海からの視点とアート発信で地域経済活性化『湘南国際芸術祭』開幕、元藝術大学学長の宮田亮平氏が基調講演。11/12リビエラ逗子マリーナで日本藝術院会員 神戸峰男氏が作家によるギャラリートーク

PR TIMES / 2023年11月12日 11時15分

湘南国際芸術祭は11/12まで。リビエラ逗子マリーナに日本藝術院会員 神戸峰男氏や宮田氏の作品展示。屋外展示を、逗子、江の島ヨットハーバーにも。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-bd136166cbf274118f47-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-8436757f648153a9df90-0.jpg ]


イベントHP:https://www.riviera.co.jp/event/art-shonan/
チラシはこちら:https://www.riviera.co.jp/files/shonanart_2023_flyer.pdf
関連プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000212.000049154.html

湘南エリアでマリーナを展開するリビエラグループ(本社:東京都港区、代表:渡邊曻)からなる湘南国際芸術祭実行委員会主催で「湘南国際芸術祭」が開幕。新たな人流を生み地方創生を目指す湘南国際芸術祭を記念して、海を背景にしたリビエラ逗子マリーナが誇る会場で2部制のフォーラムが行われた。1部は、元文化庁長官で日本藝術院会員の金工作家・宮田亮平氏を迎えた基調講演。2部では、宮田氏の他、日本藝術院会員で彫刻家の神戸峰男氏、神奈川県知事 黒岩 祐治 氏、東京大学公共政策大学院教授で慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授の鈴木寛氏によるトークセッション。
湘南国際芸術祭の会期は11月12日まで。リビエラ逗子マリーナでの「湘南国際芸術祭特別企画展」では、13年ぶりに展示される神戸峰男企画展に11点の作品展示と同時に、宮田亮平氏の最新作2点が展示、11月12日11:30と15:30には、神戸峰男氏のギャラリートークが行われる。リビエラ逗子マリーナの屋外インスタレーションや江の島ヨットハーバーの屋内外展示も楽しめる。

目的
この芸術祭は、海からの視点を重要視し、神奈川県の「富士山を望む海のある街」である三浦から湯河原(湘南コースト)に新たな人流を生み出す広域な地域活性化とブルーエコノミーの推進を目的としている。文化芸術の力を活用し湘南の魅力を再認識すると共に、アート愛好家や観光客、インバウンドなど「海のある街」に新たな人流を生みながら、オーバーツーリズムや環境問題、地域課題に取り組み、現代を、そして未来を生きる私たちにとっての「海の存在の再定義」していきます。



イベント概要
名 称:湘南国際芸術祭
テーマ:海とアートで世界とつながる
日 時:2023年11月10日(金)~12日(日)
入場料:無料
公式サイト: https://www.riviera.co.jp/event/art-shonan/
会 場:リビエラ逗子マリーナ(神奈川県逗子市)
    リビエラシーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)
    江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)


日本藝術院会員の作家によるギャラリートーク
日 時:11月12日(日)11:30、15:30
講 師:作家本人である日本藝術院会員で彫刻家の神戸峰男氏
場 所:リビエラ逗子マリーナ会場  プラザ(B入り口)
[画像3: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-d341ff07652df7752be1-14.jpg ]


湘南国際芸術祭Photo
[画像4: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-0a75ed28d70b2a2599eb-15.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-188972aa0ea9df383232-19.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-dd75db7301d118baae27-11.jpg ]









[画像7: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-83da3ce3acc7f364f119-14.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-0994a54f1ee0a57eaa68-13.jpg ]










[画像9: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-339998ffb41026e377ab-16.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/49154/216/resize/d49154-216-7bc6ad999e716a426c28-17.jpg ]












《リビエラ逗子マリーナについて》
日本有数のマリーナとして1971年に誕生、2001年にリビエラグループが取得し「大人のマリーナリゾート」として神奈川県逗子市で展開しています。都心から約60分の近距離にあり、約900本のヤシ並木と高級なプレジャーボート・ヨットが停泊するマリーナが海外リゾートを彷彿させる非日常のロケーションを備えた『リビエラ逗子マリーナ』は、湘南の海の向こうに富士山を望み、映画等のロケ地としても有名です。約5万坪の敷地には、ヨットハーバー、ホテル(2軒)、レストラン(2店舗)、イベント会場、バンケット、リゾートマンション(9棟1,266戸)、テニスコート(4面)、ショップ等の施設を有しています。2020年には全11室のスモールラグジュアリーホテル『マリブホテル』と、日本初上陸のレストラン『マリブファーム』がオープン。さらに2022年、日本初上陸の近未来デザインのトレーラーホテル&オーシャンサウナ『SPACE KEY POINT』がオープンし、マリーナリゾートとして進化し続けています。
リビエラでは、マリーナ事業を始めた2001年より環境保全活動をスタート。それらを取りまとめ、2006年には「リビエラ未来づくりプロジェクト」を立ち上げ全社員でサステナビリティに力を注いできました。リビエラ逗子マリーナにおいては「サステナビリティタウン・リビエラ逗子マリーナ」としてのまちづくりに取り組み、ゼロウェイストと大幅CO2削減を達成する循環型農法や再生エネルギー活用などさまざまな活動でSDGsを推進しています。
公式WEBサイト:https://www.riviera.co.jp/zushi/
公式Instagram :https://www.instagram.com/riviera_zushi_marina/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください