1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

美味しく食べて腸からキレイに!BISTRO M’s PJ農林水産省「農業女子プロジェクト」と新事業に向けキックオフ!

PR TIMES / 2021年2月15日 20時45分

地域農産物を活用した“美肌フード”でポストコロナ時代に立ち向かう

創業から135年、美と健康を追求しつづけてきた桃谷順天館グループ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:桃谷誠一郎)は農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」とタッグを組み、新事業に向けて1月21日キックオフしました。
農業女子プロジェクトに参加する生産者と共に、各地で採れた新鮮な農作物を活用し、当社の美肌に導く独自開発成分“フローラコントローラISR”を配合した美肌レシピの研究開発を行い、オンラインフードデリバリーサービスにて提供予定です。外出自粛によりご自宅で食事をする機会が増えたお客さまに、より手軽に美味しい美肌フードを食べていただきたいと考えています。
この新事業を通じて、ポストコロナにおける農業界の変革に貢献してまいります。




[画像1: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-436447-0.png ]


◆背景
農業界では、近年ロボット技術やICTを活用したスマート農業への移行、六次産業化、また、農作物を廃棄処分せずに活用するための販路拡大等の変革が求められています。ですが、今回の新型コロナウイルス感染拡大の影響を多大に受けており、外国人技能実習生の受入制限等によって急速に深刻化する人手不足や、飲食店の営業自粛等により農作物の大量廃棄等、新たな問題も生じています。
そこで、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」とタッグを組み、コロナ禍で大きな変革を求められている農業界の一助になりたいと考えています。


◆地域の農作物をお客さまのご自宅へ
農業女子プロジェクトに参加する生産者の皆様には、生産者だからこその知見で、地元で採れた農産物の美味しい食べ方をご紹介いただき共同でレシピ開発を行うとともに、生産農家のPRにも繋げていきます。
現在、新型コロナウイルス感染予防のための外出自粛により、地域で採れた農作物を現地で食すことが難しくなっています。そこで、急激に需要が拡大しているオンラインデリバリーサービスにて、地元で採れた農作物を活用した美肌フードをお客さまのご自宅へお届けいたします。
また、今後の展開として地元自治体と協力した地方PR等も検討しております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-297808-1.png ]


◆農業女子プロジェクト
農林水産省により、2013年に発足。
女性農業者が日々の生活や仕事、自然との関わりの中で培った知恵を様々な企業の技術・ノウハウ・アイデアなどと結びつけ、新たな商品やサービス、情報を創造し、社会に広く発信していくためのプロジェクトです。
このプロジェクトを通して、農業内外の多様な企業・団体と連携し、農業で活躍する女性の姿を様々な切り口から情報発信することにより、社会全体での女性農業者の存在感を高め、併せて職業としての農業を選択する若手女性の増加を図ります。
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/overview/
[画像3: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-275868-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-639804-3.jpg ]


◆美味しく食べて腸からキレイに!BISTRO M’s PJとは?
体の中から美しくなっていただきたいと願い、摂取することで美肌に導く独自成分“フローラコントローラISR”をより手軽に摂っていただけるよう食事に配合したメニューをお客さまへお届けする、美×食をテーマにしたプロジェクトです。
独自開発した「BISTRO M'sオリジナルソースのハンバーグ」をはじめ、これまでにも、「銀座木村家」様や、「バランス食堂&カフェ アスショク」様とコラボし、“フローラコントローラISR”配合の美肌メニューをご提供しています。
https://www.e-cosmetics.co.jp/bistro-ms/

◆“マイナス9.6歳”※を実現させる独自成分「フローラコントローラISR」とは?※自社保有の肌データより
「肌の美しい人は何が違うのか?」という疑問から研究スタート
「肌の美しい人は何が違うのか」という点に着目し、40-50代の女性のお肌の状態や生活習慣、食生活やヒト細菌叢等の様々なデータを評価。その結果、腸内細菌叢に違いがあることが判明したことから、腸内細菌をデザインする独自成分開発に着手。
当社の創業からの強みである細菌叢やその制御技術を活用し、‘腸内細菌’をコントロールする独自成分「フローラコントローラISR」を開発しました。
摂取前、及び、摂取1カ月後の腸内細菌叢の比較試験から、特定の腸内細菌‘美肌菌’を増加させ、水分量や肌弾力のスコアを上げ、平均してマイナス9.6歳肌年齢を下げる効果がありました。美肌に導くプレバイオティクスとして効果があることを確認しました。
当社では、この技術を、「フローラコントローラISR」とし、2019年9月に特許を出願しました。

フローラコントローラとは?
私たちの身体には無数の細菌が集合体(叢)として存在しています。これを細菌叢‘フローラ’と呼び、近年様々な研究から、フローラの状態が私たちの健康や美容に大きな影響を与えていることが分かってきました。
弊社では、「菌を全て殺菌する」という考え方ではなく、フローラのバランスをコントロールして、よい菌を増やすことで「菌と共生する」という考えで研究を進めています。こうして開発された独自成分を、「フローラコントローラ」と呼んでいます。
・フローラコントローラISR ニュースリリース
https://www.e-cosmetics.co.jp/release/page.php?g=mj&p=202005_3
・フローラコントローラISR ホームページ
https://www.e-cosmetics.co.jp/flora-isr/

以下フローラコントローラISR ホームページより一部抜粋
[画像5: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-574708-4.png ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/28974/218/resize/d28974-218-786680-5.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング