1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

総フォロワー数45万人、YouTube総再生回数3800万回再生を越える元自衛官インフルエンサー・かざりさんの推しマンガ!

PR TIMES / 2023年12月6日 18時15分

ラスト5ページの大どんでん返しがヤバ過ぎる! 自衛隊×戦国時代のマンガが今、アツい!

総フォロワー数45万人、YouTubeの総再生回数は3800万回再生を越える元自衛官インフルエンサーかざりさんがおススメする書籍『マンガ 戦国自衛隊』(原作・半村良/画・田辺節雄)が、株式会社飛鳥新社から12月6日(水)に発売されます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/52297/218/resize/d52297-218-cbadef582e1b909811ad-0.jpg ]


本書は、直木賞作家・半村良の小説を鬼才・田辺節雄が緻密にして大胆に描いたマンガ。『戦国自衛隊』はこれまで映画化や舞台化もされ、多くのファンを魅了してきました。原作の作品発表から50年を記念して、国民的ベストセラー作品のマンガを出版いたします。
刊行に先駆けて、Z世代の代表であるかざりさんにインタヴューを依頼。原作自体は知っていたものの、マンガははじめて読むというかざりさんに本書の感想を伺いました。
「もともとマンガやアニメ、コスプレ、ライトノベルなどは昔から好きで、なじみがありました。だから読んだときに、ライトノベルの「なろう系」や「異世界転生」と同じジャンルだと感じました。いまから半世紀以上も前に、現代のSFやライトノベルの手法に先鞭をつけたという意味では、とても画期的な作品だと思います。」とコメントをいただきました。
本書が「なろう」や「異世界もの」の元祖であり、令和の時代でも受け入れられ、フィクションの世界を純粋に楽しめる作品だと太鼓判を押してくださいました。
「演習中の自衛隊が戦国時代にタイムスリップする」という卓越した設定に加え、作品発表から50年が経っても色あせないのは、普遍的なテーマを扱っているからに他なりません。人間の欲やエゴ、愛などがたくさん詰まった作品で、かざりさん同様に多くの方の琴線に触れるはず。往年のファンから、現代の若い世代まで楽しめる一冊になっています。そしてラスト5ページの大どんでん返しは圧巻です。本書でぜひ確かめてみてください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/52297/218/resize/d52297-218-a5a10f9e7e51e63d0195-2.jpg ]


さらに2度楽しめる!デジタル特典付きの特装版も!

本書と同時に、今注目されているNFTバージョン(*1)も刊行。『特装版 マンガ戦国自衛隊 デジタル特典付き』には特典として『マンガ 滅びの笛』のNFT電子書籍が付いてきます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/52297/218/resize/d52297-218-1957d586a3a1d4a32fa5-1.jpg ]

特典のこのマンガは直木賞候補になった『滅びの笛』が原作。作家の西村寿行が描いたパニック小説を田辺節雄が壮大なスケールで漫画化しました。
現在、このマンガは市場流通しておらず完全版として読むことができるのはこのNFT電子書籍のみとなります。
上下巻セットで、800ページ超の大ボリュームのお得で貴重なマンガです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/52297/218/resize/d52297-218-a05e59365819c1481dcb-3.jpg ]

*1 NFTとは「Non-Fungible Token(=非代替性トークン)」の略称で、本来であればコピーなどが簡単にできるデジタルデータを「唯一のもの」として証明し、情報を付与し著作権に似た形で二次使用で利益を得たり、取引することのできる資産の一種です。『マンガ 滅びの笛』はメディアドゥが運営するサービス「FanTop」から取得します。

電子版『マンガ 続戦国自衛隊』1巻~9巻も一挙配信!

本書刊行にあたり、『マンガ 続戦国自衛隊』シリーズも電子版で復刊いたします。
本シリーズは半村良の原案をもとに田辺節雄が前作から数十年の時を経てさらにスケールアップさせた、全9巻完結のオリジナルストーリーです。
日本海を航行中の輸送艦おおすみが時空を超えて敦賀沖へ漂着したところから物語ははじまります。関ヶ原前夜の戦国時代にタイムスリップした自衛隊の運命を描いた史実とフィクションが巧みに入り混じる秀逸な作品です。
圧倒的なスケール感と大どんでん返しの面白さでどんどんページが進みます。1巻は無料なので、試し読みからはじめられます。年始年末の一気読みにはぴったりのシリーズです。

[画像5: https://prtimes.jp/i/52297/218/resize/d52297-218-69a3a2d1204c5014581b-13.jpg ]


【『マンガ 戦国自衛隊』の内容】
戦国時代にタイムスリップした自衛隊が戦いに挑むSF戦記の傑作! 運命を受け入れ、抗いながら自らの存在意義、そしてその苦悩と葛藤を描いた伝説の名著です! ラスト5ページの大どんでん返しは、圧巻です。
また巻末には、陸上自衛隊の装備や階級など紹介した研究ページから、戦国時代の鉄砲や刀を徹底解剖した企画まで盛りだくさんの内容をお届けします。かざりさんが本書だけに語ったインタヴューは必見です!

-目次- ◎ 登場人物紹介  ◎ [第一章]タイムスリップ  ◎[第二章]初戦 
◎[第三章]越後平定へ ◎[第四章]クーデター  ◎[第五章]武田信玄登場 
◎[第六章]激戦! 川中島  ◎[第七章]江戸そして安土へ  ◎[第八章]妙蓮寺の変
◎自衛隊の装備と実力大研究  ◎かざりさんスペシャルインタビュー  ◎戦国の武器と戦闘

●NFT電子書籍特典『マンガ 滅びの笛』(原作・西村寿行/画・田辺節雄)
環境庁鳥獣保護課の沖田のもとに南アルプス一帯で鳥獣の異常繁殖を知らせる手紙が届いた――大量発生したネズミは人家を襲い、家畜はおろか、人間をも喰らい、大パニックに。数十億のネズミの群、暴徒化する市民、さらにはペストの流行……。人間の傲慢さに対する大自然からの報復に果たして人間は打ち勝つことができるのか――自然界から現代社会へ警告をならす一冊。

<著者プロフィール>
半村良(原作)
東京都生まれ。都立高校卒業後、紙問屋の店員、板前見習、バーテンダーなど様々な職業を経験した後、広告代理店に勤務。62年「SFマガジン」第2回SFコンテストに「収穫」が入選。71年初の単行本『およね平吉時穴道行』刊行。73年『産霊山秘録』で泉鏡花文学賞、75年『雨やどり』で直木賞、88年『岬一郎の抵抗』で日本SF大賞受賞。『石の血脈』『戦国自衛隊』『妖星伝』など著書多数。

田辺節雄(画)
大分県生まれ。望月三起也氏に師事。『少年チャンピオン別冊』で趣味を生かしたサッカー漫画「どろんこシュート」で本格デビュー。主な著者に『戦国自衛隊』(原作:半村良)、『滅びの笛(原作:西村寿行)、『滅びの宴』(原作:西村寿行)、『蒼茫の大地、滅ぶ』(原作:西村寿行)、『戦略列島』(原作:六本木二郎)、『地球0年』(原作:矢野徹)などがある。

<商品概要>
●商品名:『マンガ 戦国自衛隊』
●著者:半村良(原作) 田辺節雄(画)
●判型・総ページ:A5判/496ページ
●定価:1,320円(税込)
●発売日:2023年12月6日(水)  
●出版社: 株式会社飛鳥新社

●商品名:『特装版 マンガ 戦国自衛隊 デジタル特典付き』
●特典:NFT電子書籍『マンガ 滅びの笛』上下巻セット
●著者:半村良(原作) 田辺節雄(画)
●判型・総ページ:A5判/496ページ
●定価:1,650円(税込)
●発売日:2023年12月6日(水)  
●出版社: 株式会社飛鳥新社

●商品名:『マンガ 続戦国自衛隊』1巻~9巻
●著者:半村良(原案) 田辺節雄(画)
●判型:A5判
●総ページ・価格(税込):
1巻206ページ・無料、2巻204ページ・150円、3巻206ページ150円
4巻200ページ・150円、5巻218ページ・150円、6巻196ページ・300円
7巻192ページ・300円、8巻216ページ・300円、9巻276ページ・300円
●発売日:2023年12月上旬 
●出版社: 株式会社飛鳥新社

◎出版社情報
株式会社 飛鳥新社
所在地:東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル2F
■飛鳥新社ホームページ
http://asukashinsha.co.jp
■飛鳥新社公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/ASUKA_SHINSHA
■飛鳥新社公式インスタグラム
https://www.instagram.com/asukashinsha/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください