1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【埼玉県】冬のエコライフキャンペーンを実施します

PR TIMES / 2023年11月24日 13時15分

 埼玉県では、「ウォームビズ」の推奨をはじめとした冬のエコライフキャンペーンを12月1日(金曜日)から実施します。この取組は、脱炭素社会の実現に向けて、暖房など冬のエネルギーの使い方を見直し、仕事や生活のスタイルを変革することを目指すものです。
 省エネと言えば冷房を多く使用する夏を想像しがちですが、実際には冬の方が、暖房や給湯などによりエネルギー使用量が多くなります。家庭からの二酸化炭素排出量は1月が最も多く、12~3月の4か月間で年間の約47%を占めています。
 エネルギー価格が高騰する中、省エネの取組は光熱費の削減にもつながります。エネルギー使用量が多くなる冬こそ、日々の暮らし方を見直し、地球にも家計にもやさしい省エネに取り組んでみましょう。



● 冬のエコライフキャンペーンの概要
1 実施期間
令和5年12月1日(金曜日)~令和6年3月31日(日曜日)

2 キャッチコピー
「つづけよう」「ひろげよう」省エネ・節電

3 実施内容
(1)ウォームビズの推奨
・暖房による二酸化炭素排出量の増加を抑えるため、室温20℃でも快適に過ごせる衣服の着方など「衣」「食」「住」のひと工夫で、ライフスタイルを見直してみましょう。
(工夫の例)
「衣」… 首、手首、足首の「三つの首」を温めると効果的
「食」… 家族で「鍋」を囲んで部屋も体もポカポカに
「住」… 断熱シートや厚手のカーテンなどで窓から熱を逃がさない

※県温暖化対策課「エコライフキャンペーン」ホームページ
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/lifestyle.html
・九都県市において、「エコなライフスタイルの実践・行動」キャンペーンとして一斉に呼び掛けを実施します。
※九都県市首脳会議環境問題対策委員会ホームページ
http://www.tokenshi-kankyo.jp/

(2)エコライフDAY&WEEK埼玉2023(冬)にチャレンジ
・エコライフDAY&WEEKは、簡単なチェックシートを利用して省エネ・省資源の取組を体験し、二酸化炭素の削減量や電気代などの節約金額を実感していただくものです。
※取組例「室温20℃を目安に暖房を控えめに使用した」の場合
1日で二酸化炭素144グラム、ひと冬で電気代1,615円を節約できます。
・昨年も学校や職場で多くの皆様に御参加いただきました。スマートフォンやタブレット端末で取り組んだ項目をチェックするだけで参加できますので、ぜひゲーム感覚でチャレンジしてください。
※実施期間:令和5年12月1日(金曜日)~令和6年3月31日(日曜日)
※参加方法:「エコライフDAY&WEEK埼玉特設サイト」から参加
https://ecolife-saitama.jp/

(3)「九都県市省エネ家電買替キャンペーン」及び「九都県市高効率給湯器買替キャンペーン」の実施
・家庭部門の二酸化炭素排出量削減を目的として、家庭での電気使用量が多いエアコン及び電気冷蔵庫を対象に省エネ家電への買替を啓発する「九都県市省エネ家電買替キャンペーン」を実施しています。
・また、高効率給湯器への買替を啓発する「九都県市高効率給湯器買替キャンペーン」も同時実施しています。
・期間中に対象製品に買い替えて御応募いただいた方の中から、抽選で賞品を進呈します。
※実施期間:令和5年11月1日(水曜日)~令和6年1月31日(水曜日)
(応募締切:令和6年2月9日(金曜日)必着)
※応募方法:インターネット又は郵送により応募
※九都県市首脳会議環境問題対策委員会ホームページ 特設サイト
http://www.tokenshi-kankyo.jp/eco-recycle/2023campaign.html
◇埼玉県は、脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動「デコ活」に取り組んでいます。

別紙
https://prtimes.jp/a/?f=d104306-218-a6caf6710dfc6476a4e218de14914ff3.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください