ミャンマーにおける日野自動車製トラックおよびバスの正規サービスステーションの設立について

PR TIMES / 2013年12月19日 17時58分

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:中村 邦晴、以下「住友商事」)は、ミャンマーの大手財閥である Serge Pun & Associates (Myanmar) Ltd. (本社 : ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市、Chairman : Serge Pun、以下「SPA」) のグループ企業、First Myanmar Investment Co., Ltd. (本社 : ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市、Chairman : Serge Pun、以下「FMI」)、および Yoma Strategic Holdings (本社 : シンガポール、Chairman : Serge Pun、以下「YSH」)(両社あわせ、以下「SPAグループ」)と3社合弁でミャンマー連邦共和国ヤンゴン市にて日野自動車製トラックおよびバスの正規サービスステーションを設立することに合意し、 昨日合弁契約書を締結しました。

住友商事の自動車事業は 1951年のミャンマー向け日野自動車製バスの輸出から始まり、その後、長きにわたりミャンマーで日野自動車関連事業に取り組んできました。 当時の車輛は未だにミャンマー国内で使用され、“HINO” ブランドは根強い人気を誇っています。

ミャンマーのトラック・バスの登録台数はそれぞれ 7万2000台、1万8000千台 (2012年現在) と言われており、人口 6000万人を超え広大な国土を持つ同国において、市場は今後大きく伸長していくことが見込まれます。このように高いポテンシャルを持つ市場で “HINO” ブランドをさらに浸透させるべく、長年のパートナー関係にあり、経営理念・価値観を共有出来る SPAグループと共同で取り組むことになりました。1951年より積み上げてきた住友商事のトラック・バス事業のノウハウと、SPAグループの持つミャンマー国内での広いネットワークをフルに活用し、更なる日野ブランドの浸透を図っていきます。

まずは、ヤンゴン市ミンガラドン地区に本店となるサービスステーションを設立し、トラック・バスに欠かせない徹底したアフターサービスを全ての商用車に対して実施することにより、広くミャンマー社会に貢献していきます。また、それと同時にミャンマー商用車市場の新車需要、お客様のニーズに応じながら、日野自動車製トラックおよびバスの販売も進め、ミャンマー市場における日野自動車の総代理店を目指します。


【合弁会社の概要】
会社名 (予定) : Summit SPA Motors (HINO Authorized Service Station)
本社所在地 : ミャンマー連邦共和国ヤンゴン市
資本金 (予定) : 300万米ドル
出資比率 : 住友商事 60%、FMI 20%、YSH 20%
主要事業 : 日野自動車正規サービスステーション

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング