■全量売電 太陽光発電システム816kW搭載の環境配慮型新工場 岡山工場第二工場を稼動させます

PR TIMES / 2012年7月10日 11時45分



大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2012年7月11日より、岡山県赤磐市の岡山工場内に第二工場を稼動させます。
新設した第二工場は、香川県三豊市の四国配送センターの機能を移管し、経営の効率化を図るとともに、「マザー工場」としての機能強化も図りました。また、大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市、社長:舘野克好)の配送センターとしても利用します。
今後は、太陽光発電システム816kWを工場屋上に設置し、10月より中国電力株式会社へ売電します。

当社では、「地球に優しく、人に優しい生産活動」をスローガンに、全国10工場で工業化住宅および建築用鉄骨部材、システム建築部材の生産を行っています。
岡山工場では、1997年10月より、中国地方4県(岡山、広島、鳥取、島根県)向けの戸建住宅・賃貸住宅用部材の生産、出荷を行い、2007年7月からは四国工場の統合を機に、四国4県(香川、愛媛、徳島、高知県)および兵庫県の一部地域向けの戸建住宅・賃貸住宅用部材の生産および出荷も行っています。
現在、当社では全工場の生産性向上を図るため、岡山工場を「マザー工場」として位置づけ、生産設備を検証するとともに、ライン配置や作業工程、設備仕様など、全国の工場のモデルとなる生産ラインの構築のため、試作工場としての機能を持たせています。
今回、「マザー工場」としての機能強化と経営の効率化を図るため、2012年1月、第二工場の増築に着手し、7月10日に竣工する運びとなりました。

●ポイント
1.(仮称)岡山工場太陽光発電所 太陽光発電システム816kWを設置し、全量売電事業を開始
2.「マザー工場」としての機能強化と新たな生産設備・環境アイテムを採用
3.工場内作業者の労働環境改善のための設備を導入

1.(仮称)岡山工場太陽光発電所 太陽光発電システム816kWを設置し、全量売電事業を開始
岡山工場第二工場では、東日本大震災後の電力供給不足への対応と省エネ・低炭素社会の実現を見据え、太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの全量買い取り制度を利用した売電事業に取り組みます。
2012年7月より着工、9月末に竣工、10月より売電を開始する予定です。発電事業期間は、国による電力固定買い取り期間の20年を予定しています。
太陽光発電所の運営・管理は、当社グループ会社の大和エネルギー株式会社(本社:大阪市、社長:松嶋秀和)が行う予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング