XLARGEとDickies別注モデル最新作を発表

PR TIMES / 2021年2月3日 19時15分



1991年11月、ロサンゼルスのヴァーモント・アヴェニューでEli Bonerz(イライ・ボナーツ)とAdam Silverman(アダム・シルバーマン)の2人によって設立されたXLARGE(エクストララージ)は、90年代以降のアメリカ、さらにワールドワイドでストリートカルチャーをリードするブランドに成長を遂げ、MUSICやARTなどの様々なカルチャーを融合したストリートウェアの革新者であり、パイオニアであり続けています。

XLARGE は、Dickiesとの別注モデル最新作を発表いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18225/219/resize/d18225-219-283883-0.jpg ]



アメリカ開拓時代のフロンティアスピリットに源流があり、国内のみならず世界中の若者、そして現代のカルチャーにも大きな影響を与え続けるワークウェア。

中でも、代名詞と言える老舗ワークウェアブランド「Dickies」は、長いファッションの歴史の中で、強くたくましくあり続け、受け継がれるフィロソフィーはゆるぐことなく、確固たる地位を確立してきました。

1991年の設立当初からワークウェアを中心に様々なアパレル商品を取り扱ってきたXLARGEがこれまでに輩出したDickies別注モデルは数多く、お互いの持つアイデンティティーを尊重しつつ、ワークウェアに対する概念を再解釈し、常に最高傑作を生み出し続けています。

2021年の今年、30周年を迎えるXLARGEのDickies別注モデル最新作では、厚手のツイルを使用し、各所にゴールドのジップやボタンを施したワークジャケット、パンツ、オーバーオールをラインナップ。

日本国内のXLARGE、XLARGE/X-girl全店舗(※アウトレット店舗除く)と、オンラインストア「ZOZOTOWN」にて、2月6日(土)発売いたします。

※オンラインストア「calif」は、1月29日(金)11:59~2月9日(火)11:59の期間中、サイトクローズしております。

オフィシャルオンラインストア
>>> https://zozo.jp/shop/xlarge/

[画像2: https://prtimes.jp/i/18225/219/resize/d18225-219-954419-1.jpg ]


DICKIES WORK JACKET
BROWN,BLUE,BLACK / S,M,L,XL / ¥17,000+TAX
[画像3: https://prtimes.jp/i/18225/219/resize/d18225-219-215358-2.jpg ]


DICKIES WORK OVERALL
BROWN,BLUE,BLACK / S,M,L,XL / ¥16,000+TAX
[画像4: https://prtimes.jp/i/18225/219/resize/d18225-219-295285-3.jpg ]


DICKIES WORK PANTS
BROWN,BLUE,BLACK / 30,32,34,36inch / ¥12,000+TAX

Dickies
1922年設立の老舗ワークウェアブランド。
徹底的に労働者のニーズに応えるという妥協のない思想が反映された製品は、アメリカ全土に広く浸透しています。
50年代の「KHAKI874」の爆発的ヒットを契機に、ヨーロッパをはじめとした世界全土に展開を拡大した。企業ポリシーである「FIT YOU,FIT YOUR JOB」は、現在に至るまで受け継がれています。
90年代には、全米にストリートカルチャーのブームが到来。西海岸のスケーターたちが丈夫で価格も手ごろな「874」を愛用したことで、各分野のアーティストへも浸透しています。

その人気は、日本や世界各地のカルチャーシーンへと飛び火し、やがてDickiesはワークウェアとしてだけでなく、ファッションブランドとしての地位も確立し、ワークウェアならではの質実剛健なプロダクトの数々は、ファッションシーンにおいても幾度となくムーブメントを起こし続けています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング