大画面 約10.1インチ高精細ディスプレイ搭載『HUAWEI MediaPad T5』 9月21日(金)より発売

PR TIMES / 2018年9月18日 13時1分



[画像1: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-711356-0.jpg ]

ファーウェイ・ジャパンは、エントリーモデルタブレットであるTシリーズにおいて、フルHDを超える高解像度の約10.1インチディスプレイを搭載した、『HUAWEI MediaPad T5』を9月21日 (金) より発売します。市場想定売価は、 LTEモデルが26,800 円 (税抜)、Wi-Fiモデルが22,800 円 (税抜) となります。

『HUAWEI MediaPad T5』は、発売以来、ユーザーからも大好評を得ている、Tシリーズの最新モデルとなり、薄さ約7.8mmの丸みを帯びたシックなブラックメタルボディに、ステレオスピーカーやパワフルな8コアCPUを搭載し、快適な基本性能を実現した、高性能をお手軽に楽しめるカジュアルタブレットです。また、小さなお子様がいる家庭でも安心なキッズモードも搭載。ウェブサイトや指定したアプリへのアクセスを制限することができ、ご家族でも安心して楽しんでいただけるタブレットとなっています。

『HUAWEI MediaPad T5』の主な特長
■大画面 約10.1インチ高精細ディスプレイ搭載、シックなメタルボディタブレット

[画像2: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-442076-1.jpg ]

エントリーモデルに、フルHDを超える高解像度ディスプレイ、WUXGA(1920×1200)液晶を搭載。映画や動画の視聴、ウェブサイトの閲覧に適した16:10のアスペクト比を採用し、様々なコンテンツを色鮮やかな映像で楽しんでいただくことができます。また、目に優しいブルーライトカットモードが、動画視聴、電子書籍での読書など、長時間使用をサポートします。そして、継ぎ目のない丸みを帯びたシックなブラックメタルボディは、手に馴染みやすく、薄くて軽い約465g。持ち運びにも便利なサイズ感となっています。

■ステレオスピーカーで迫力のコンテンツ体験

[画像3: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-158206-2.jpg ]

ヘッドホンがなくても迫力のある音でコンテンツを楽しめる、ステレオスピーカーを搭載。また、ファーウェイ独自のサラウンド技術、Histenが臨場感のある音を創出し、迫力のサウンド体験を提供します。さらに、音響効果を好みの音に調節することも可能。高精細の大画面ディスプレイと、先進のオーディオ技術により、ユーザーに優れたエンターテインメント体験をもたらします。


■高性能HUAWEI Kirin 8コアCPU搭載で快適な基本性能

[画像4: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-528542-3.jpg ]

『HUAWEI MediaPad T5』のチップセットは、マルチタスクも快適にこなす、64ビットのHUAWEI Kirin 659 オクタコア(8コア)CPU。また、microSDカードにより、最大256GBまでストレージの拡張が可能です。そして、Android 8.0とEMUI 8.0がバッテリー寿命、パフォーマンス、セキュリティの向上を実現し、さらに快適なユーザー体験を提供します。

■小さなお子様がいる家庭でも安心のキッズモード

[画像5: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-865355-4.jpg ]

『HUAWEI MediaPad T5』は、お子様のご使用時にも安心なキッズモードを搭載しています。ウェブサイトや、指定したアプリへのアクセス、また、お子様のタブレット使用時間の設定など、タブレット使用の管理ができるので、お子様にも安心してご使用いただくことが可能です。


ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波(Wu Bo)よりコメント
[画像6: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-200884-5.jpg ]


「ファーウェイは、スマートフォンからタブレット、そしてPCの領域まで、常にユーザーのフィードバックを実際の製品に反映し改良しています。発表以来、沢山のお客様にご好評をいただいている、Tシリーズの最新機種となる『HUAWEI MediaPad T5』は、フルHDを超える高解像度のディスプレイや、ステレオスピーカーなど、ハイエンドモデル並みの機能を搭載した、エントリーモデルとなり、ユーザーの皆様のタブレットライフを拡充させる製品となっています。これからも継続して技術とデザインの進化に励み、日本の皆様へ革新的で新しいタブレット体験をお届けできるように努力してまいります。」

『HUAWEI MediaPad T5』の主な仕様

[画像7: https://prtimes.jp/i/24671/219/resize/d24671-219-120734-6.jpg ]

※1 LTE規格上の最大速度。実行速度はネットワーク側の規格、使用環境や電波状況、ご契約のSIMのサービス内容により変動します。※2 本端末はKDDIの移動体通信網を利用した音声通話には対応しておりません。※ 画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。※ 掲載商品の仕様・性能は予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。※ 本カタログに掲載されている会社名およびサービス・製品の名称は、それぞれ 各社が商標および登録商標として使用している場合があります。※ Bluetooth(R)は米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。 ※microSD™は、SDアソシエーションの商標です。※ Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。 ※ Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。

製品の詳しい情報は
■『HUAWEI MediaPad T5』 製品ページ: https://consumer.huawei.com/jp/tablets/mediapad-t5/

『HUAWEI MediaPad T5』取り扱い店
ファーウェイ・オンラインストアほか、下記のMVNO、家電量販店、ECサイトなどで販売いたします。

MVNO(50音順):
■イオンモバイル(イオンリテール株式会社)
■エキサイトモバイル(エキサイト株式会社)
■LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)


家電量販店(50音順):
■株式会社エディオン(WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ケーズホールディングス(一部店舗でのお取り扱いになります)
■上新電機株式会社(WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ノジマ(WEBのみ)
■株式会社ビックカメラ
■株式会社ヤマダ電機(WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ヨドバシカメラ


ECサイト(50音順):
■株式会社NTTレゾナント(NTT-X Store)
■株式会社NTTぷらら (ひかりTVショッピング)
■株式会社企画室ゆう (Caravan Yu)
■株式会社シスキー (E-TREND)■株式会社ムラウチドットコム
■楽天株式会社(Rakuten, Inc.)(楽天ブックス)
■株式会社 マイナビ(マイナビストア)


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング