アシスト提供のタブレット端末向け電子フォーム・システム「NOREN e.Form Server」にタイムスタンプ機能が標準搭載

PR TIMES / 2012年4月23日 11時47分



~電子データの存在および完全性証明による業務のコンプライアンスを実現~


 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚辰男、略記:
アシスト)は、昨年12月より販売を開始したタブレット端末向け電子フォー
ム・システム「NOREN e.Form Server」(開発元:韓国I-ON Communications
Co, Ltd.)にタイムスタンプ機能(開発元:韓国 Time Stamp Solution
Corporation(略記:TSS社)、提供元:アマノ株式会社(略記:アマノ)、販
売元:アマノビジネスソリューションズ株式会社(略記:ABS社))を標準搭
載し、4月23日より提供を開始します。

 「NOREN e.Form Server」はタブレット端末専用の電子フォーム製品です。
紙媒体の申込書やアンケートを電子化することにより、紙にかかるコストの削
減、手書き情報をシステムに登録する作業負荷の大幅軽減や、書類の紛失/盗
難、誤送信による個人情報漏えいリスクの軽減を実現します。

 「NOREN e.Form Server」本体は、電子フォームを作成、配信、保存する
「e.Formサーバ」と、電子フォームを表示してデータ入力や写真の添付を可能
にするタブレット端末上の「e.Formアプリケーション」で構成されています。
タブレット端末内蔵のカメラを利用して、身分証明書などを撮影し添付すれ
ば、申込書の信頼性を向上させることが可能です。

 しかし、電子データは改ざんが容易であるため、「NOREN e.Form Server」
を利用した電子文書においても、「いつの時点で申し込み(契約)が行われた
か:存在証明」と「申し込みをした後で不正に内容が変更されていないか:完
全性証明」をコンプライアンスの観点から立証可能にする必要があります。そ
こで「NOREN e.Form Server」では、この「存在証明(タイムスタンプの日時
にその電子文書が存在した)」と「完全性証明(タイムスタンプの日時からそ
の電子文書が改ざんされていない)」の2つの証明を可能とするため、タイム
ビジネスのパイオニアであるアマノが提供する「アマノタイムスタンプサービ
ス3161」との連携および機能の標準搭載を実現しました。

 アシストは、ABS社と強力なパートナーシップのもと、申込業務などで書類
の取扱量が多い保険、クレジット会社、銀行、旅行代理店、医療機関など幅広
い分野の企業と自治体を対象とし「コンプライアンス実現のソリューション」
として、積極的に販売していきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング