子どもたちの笑顔がみたいから~東日本大震災を忘れないで~プロジェクト 3月24日 岩手県大槌町の子どもたちをグアムへ招待

PR TIMES / 2012年3月21日 13時20分

 近畿日本ツーリスト(以下、KNT)グループの現地法人ホリデイツアーズミクロネシア(本社:グアム、取締役社長:屋代 誠、以下、HTM)は、岩手県大槌町の子どもたちを、3月24日から3月29日の5泊6日の日程で、グアムへ招待いたします。参加者は小学生14名、中学生11名、高校生1名、引率者・保護者16名、報道関係者3名および添乗員1名の計46名(うち6名自費参加)です。

 HTMは、昨年の10月2日から4泊5日で、岩手県大槌町でのボランティア活動を目的としたツアーを企画・実施しました。岩手県大槌町には、グアムと同じように美しい砂浜があり、サーフィンの聖地としても有名でしたが、きれいな砂浜は地震と津波による地盤沈下のため消滅してしまいました。仮設住宅を訪れた際、一生懸命にがんばっている小中学生の姿を見て、ツアーの参加者から子どもたちをグアムに招待をしたいという声があがりました。

 そこで、昨年の12月1日、「グアムのビーチを見て元気を取り戻してもらいたい、今年の新学期は大変な状況で迎えたので、来年は思い出に残る春休みを」という思いから、子どもたちをグアムに招待する「子どもたちの笑顔がみたいから~東日本大震災を忘れないで~」プロジェクトを立ちあげました。

 今回のプロジェクトは、グアム日本人会および在ハガッニャ日本国総領事館、ユナイテッド航空の協力、グアムのマリンスポーツ会社、バス会社、ゴルフ場、ホテル、免税店、通訳翻訳会社、レストラン等の法人・個人の方々およびKNTグループからの寄付金で、グアムへの招待旅行を実施します。

 グアムでは、大槌町の子どもたちが地元の郷土芸能を披露する予定です。また、グアム日本人学校およびグアム補習授業校の小中学生が、学校交流に参加する予定です。


<ツアー行程>3月24日(土)~3月29日(木)予定   
行  程 食事
1日目)大槌町発(13:00)=仙台市着(18:00)=仙台市内泊
2日目)仙台発(11:55)=グアム着(16:45)=ホテル着=歓迎レセプション:郷土芸能披露(19:00)=グアム泊
3日目)戦争記念博物館(09:00)=リバークルーズ(10:00)=トンガンビーチリゾート(12:00)=ショッピング・郷土芸能披露(マイクロネシアモール)(15:00)=恋人岬(17:30)=夕食:ドマーニ(旧ピエトロ)レストラン(18:30)=グアム泊
4日目)グアム空港見学(09:00)=グアム政庁・副知事訪問(11:30)=グアム日本人学校・グアム補習授業校訪問:郷土芸能披露(12:30)=DFSショッピング(15:00)=在ハガッニャ日本国総領事館(15:30)=夕食:VIPレストラン=サンドキャッスルショー(19:00)=グアム泊
5日目)ABCイルカウォッチング(09:15)=昼食・海底展望塔見学付:フィッシュアイマリンパーク(12:45)=パシフィックアイランドクラブウォーターパーク(14:30)=オンワードBBQ&ポリネシアンショー:郷土芸能披露(18:30)=グアム泊
6日目)グアム発(08:00)=仙台着(10:55)=大槌町着(17:00)

 HTMでは、今回のプロジェクトでも2011年12月~2012年1月の2ヶ月間のWebおよび現地販売のオプションツアー売上金額の5%を招待費用の一部といたしました。<参考URL>  http://www.htmguam.com






企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング