ライフネット生命保険、2年半ぶりの新商品発売のお知らせ

PR TIMES / 2012年9月19日 16時33分



    ライフネット生命保険、2年半ぶりの新商品発売のお知らせ

      10月上旬より、医療費負担連動タイプの医療保険
  「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」を発売予定
……………………………………………………………………………………………
 ライフネット生命保険株式会社 (URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:出口治明、以下「ライフネット生命」)は、医療費負担連動タイプの医療保険「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」を2012年10月上旬に発売します。

 ライフネット生命は、「わかりやすく、安くて便利な保険商品・サービスを提供する」という理念を掲げ、医療保険分野では、特約の一切ないシンプルでわかりやすい保障内容が特長の終身医療保険「じぶんへの保険」の販売を、2008年5月の開業以来続けてまいりました。一方、昨今のわが国における医療の状況や当社に寄せられたお客さまの声にもとづき、「民間医療保険のあるべき姿」の検討を続けた結果、この度、医療費負担連動タイプの新たな医療保険「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」を開発しました。

 わが国の医療は、入院日数が短期化する一方で入院費用(1日あたりの自己負担費用)は高額化が進むとともに、今や国民病ともいえるがんの治療も入院から通院へとシフトが進んでいます。結果として、民間医療保険において主流である「入院日数に連動して定額の給付金を支払う終身タイプの医療保険」では、医療の現状と給付内容がマッチしていないケースも出てきています。

 こうした現状を鑑み、当社では、「医療費負担に連動して給付金を支払う定期タイプの医療保険」である「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」を新たに販売します。公的医療保険における医療費の自己負担分に連動※して給付金が支払われることにより、加入者は、医療費の自己負担分を軽減することができます。また、がんや先進医療に対する保障も付加しており、医療費に対する幅広いニーズに対応できます。

 ※給付金額は、公的医療保険における医療費の自己負担分と完全に一致するものではありません。

 なお、本商品の開発に至った背景および商品の詳細は、参考資料をご覧ください。
 参考資料1:当社が考える、わが国の医療と民間医療保険の現状
 参考資料2:「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」の概要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング