1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

2021年(第39回)毎日ファッション大賞 受賞者決定

PR TIMES / 2021年8月29日 17時45分

大賞はTOMO KOIZUMIデザイナー小泉智貴さん 新人賞・資生堂奨励賞はCFCL代表/クリエイティブディレクター高橋悠介さん



 2021年(第39回)毎日ファッション大賞(毎日新聞社主催、経済産業省後援)の受賞者が下記の通り決まりました。(敬称略)
 ■大賞
  小泉智貴(こいずみ・ともたか) TOMO KOIZUMI(トモ コイズミ)デザイナー
 ■新人賞・資生堂奨励賞
  高橋悠介(たかはし・ゆうすけ) CFCL(シーエフシーエル)代表/クリエイティブディレクター
 ■鯨岡阿美子賞
  ここのがっこう
 ■話題賞
  スノーピーク
 ■ファッション文化特別賞
  故・高田賢三(たかだ・けんぞう)

[画像1: https://prtimes.jp/i/32749/223/resize/d32749-223-853a4e65acf6e331337a-0.jpg ]

 大賞の小泉智貴さんは、11年に自身のブランドTOMO KOIZUMIを設立。インスタグラムに投稿したドレスが、世界的なファッションスタイリスト、ケイティ・グランドの目に留まり、19年2月にニューヨークで初のファッションショーを開催し、大成功を収めました。彼のアイコニックでカラフルなラッフル(フリル)ドレスは、人々の気分を上げ、国内外で人気となり、ファッション界に大きな影響を与えました。世界へのインパクト、多業種とのコラボなど若者の目標や憧れになる活動が高く評価され、受賞となりました。2019年(第37回)毎日ファッション大賞選考委員特別賞受賞。東京2020オリンピック開会式で、国歌斉唱をしたMISIAさんのドレスも手掛けました。

 新人賞・資生堂奨励賞の高橋悠介さんは、10年に三宅デザイン事務所に入社、13年からISSEY MIYAKE MENのデザイナーを務め、20年に自身の会社「CFCL」を設立。ニューノーマル時代でファッションの価値や役割が変わっていく中、サステナブルな取り組みや自分たちの手で社会を変革していこうとするビジョンが明快で、無縫製ニットによる服の完成度も高いと評価されました。デザイナー、経営者としての総合的な仕事ぶりに注目が集まっています。

 鯨岡阿美子賞のここのがっこうは、08年に山縣良和さん(writtenafterwardsデザイナー)によって開校されたファッションの私塾です。世界と自分自身の装いの原点に向き合いながら、ファッションを学びます。一般的な服飾学校とは違い、デザインの本質、自分の内にあるものをどう表現するかを学ぶ場としての評価は高く、青木明子さんや横澤琴葉さんといった卒業生の活躍も目覚ましいです。「ファッションをデザインする」ということが根底から問い直されるこのタイミングにあって、時代に左右されない、地道で信念をもった山縣さんの教育方針が高く評価されました。

 話題賞のスノーピークは、国産アウトドアブランドで、商品の企画、製造販売を行っています。1958年の創業以来一貫している革新的な製品の開発、顧客本位の高品質なものづくり、いつでも修理を受け付ける「永久保証」は今日的なサステナブルに通じ、信頼できるメイドインジャパン商品として厚い支持を得ています。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」。ソロキャンプ、ワーケーションなど新たなコロナ下のライフスタイル需要にも応えています。

 また今回、故・高田賢三さんのために「ファッション文化特別賞」が設けられました。高田さんはKENZOの創業者で世界で活躍した日本人デザイナーの一人です。デビュー50年目にあたる20年10月に惜しくも亡くなりました。パリでデビューし、世界のファッショントレンドをけん引した影響力は絶大で、日本の若者や後進に夢を与え続けました。単なるデザイナーではなく、ファッションの楽しさや生きる喜びをライフスタイル全般に広げ示した功績は大きいと言えます。1985年(第3回)毎日ファッション大賞受賞。

※2021年(第39回)毎日ファッション大賞の受賞者インタビューを含む特集記事は、毎日新聞10月中旬の全国版朝刊に掲載する予定です。

【受賞者プロフィール】
●大賞 小泉智貴(こいずみ・ともたか) TOMO KOIZUMIデザイナー
1988年生まれ。千葉大在学中より自身のブランドTOMO KOIZUMIを立ち上げ、ドレスデザイナーとして活動を開始。2019年、世界的スタイリストのケイティ・グランドらのサポートにより、自身初のファッションショーをニューヨークで開催。 国内外問わず、女優やアーティストからの絶大な支持を得ており、カスタムメイドのコスチュームも多く手掛ける。2019年(第37回)毎日ファッション大賞選考委員特別賞受賞。

●新人賞・資生堂奨励賞 高橋悠介(たかはし・ゆうすけ) CFCL代表/クリエイティブディレクター
1985年生まれ、東京都出身。文化ファッション大学院大学修了後、2010年株式会社三宅デザイン事務所入社。13年から6年にわたりISSEY MIYAKE MENのデザイナーを務める。20年同社を退社し、CFCLを設立。サステナブルな取り組みに根ざした無縫製ニットによる完成度の高い服づくりが特徴。


「毎日ファッション大賞」とは
毎日新聞創刊110年を記念して1983年に創設。ファッションに携わる人々の優れた業績を称えるとともに、新たな才能を発掘し、より充実したファッション情報の発信を続けることで、ファッション界のさらなる振興および文化の育成に貢献する。

毎日新聞ニュースサイト
https://mainichi.jp/

毎日ファッション大賞 サイト
https://macs.mainichi.co.jp/fashion/

お問い合わせ
fashion@mainichi-ks.co.jp

[画像2: https://prtimes.jp/i/32749/223/resize/d32749-223-54409a76cc0694e82480-2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング