アシスト、エンタープライズ向けサポート「Ubuntu Advantage」のサポート対象にUbuntu 12.04 LTSを追加

PR TIMES / 2012年4月27日 17時25分



 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:大塚辰男、
略記:アシスト)は、日本国内での総代理店となっているエンタープライ
ズ・サポートサービス「Ubuntu Advantage」(開発元:Canonical Limited、
本部オフィス:英国ロンドン、CEO:Jane Silber、略記:Canonical)のサ
ポート対象に、Ubuntu 12.04 LTS*を追加したことを発表します。
 *LTS:Long Term Support(長期サポート版)

 Canonicalは2012年4月26日にUbuntu12.04 LTSのリリースおよびサポート
開始の発表を行いました。これを受け、アシストは日本国内においても即日
対応します。

 アシストは、今後もUbuntuの普及と「Ubuntu Advantage」の販売およびサ
ポート・サービスの提供を、サーバ分野に留まらずデスクトップ分野も含め
積極的に行っていきます。

--------------------------------------------------------------------
■Ubuntu 12.04 LTSについて
--------------------------------------------------------------------
Ubuntuはデスクトップを中心に人気の高いLinuxディストリビューションの
1つです。近年では、デスクトップ分野に限らず、サーバ分野やクラウド分
野に対しても注力しています。Ubuntu12.04 LTSでも、オープンソースのIaaS
構築ツール「OpenStack」の取り込み、Metal as a Service(MAAS)の実装な
ど、物理サーバからクラウド・コンピューティング環境まで企業における
サーバの構築や運用を容易に行う機能を強化しています。

--------------------------------------------------------------------
■セミナー開催について
--------------------------------------------------------------------
5月24日(木)に開催する「One Day Seminar」では、「Ubuntu Advantage」
でも対応を行うOpenStackを中心としたセッションを「OpenStackで切り開く
企業内IaaSの世界」と題して行います。企業内IaaSの今後について、
OpenStackを中心に技術要素を踏まえながら紹介します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング