1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<エクスペディア旅行先検索ランキング>日本人が年末年始旅行に「海外」を夢見ていることが明らかに。日本人は「ハワイ」アジアは「東京」が海外検索先人気No.1!

PR TIMES / 2021年7月30日 16時45分

世界の大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディア( https://www.expedia.co.jp/)は、夏季休暇にあたる2021年8月~9月と、年末年始休暇にあたる2021年12月~2022年1月の期間にて、世界各地で検索されている旅行先を調査しました。2つの休暇期間を比較すると、夏は国内の旅行先を探しているのに対して、年末年始は海外旅行を検索している人が世界的にも多くいることが明らかになりました。
なお本ランキングは「旅行先検索ランキング」として興味関心を探るものであり、実際の予約とは異なります。




[表1: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/224_1_80e2c16ce0ff6c7e67db8c0f06f708c8.jpg ]


エクスペディアの日本サイト(Expedia.co.jp)において、2021年8月~9月のチェックインで検索された旅行先を調べてみると、トップ10の結果全てが国内となっています。気軽に海外旅行をすることが難しい状況は続いており、多くの人が夏休みに日本国内の旅行先を調べていたようです。

一方、2021年12月~2022年1月のチェックインで検索されていた旅行先は、1位がオアフ島、2位が沖縄、3位がバンコクとなりました。この他トップ10には、シンガポール、バリ、台北、プーケットと6つの海外旅行先がランクインしています。渡航制限の解除は先行き不透明であるものの、ワクチン接種が進むであろう年末年始には、海外旅行をしたいという意欲が表れる結果となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-114e23354f0f76fe3024-0.jpg ]



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/224_2_aa1fd3f6268f5a8c209ad5cf8875545f.jpg ]

日本の結果は上述の通り、沖縄とオアフ島がそれぞれのランキングで1位になっています。ビーチリゾートは季節を問わず人気ですが、この傾向は日本だけのものではないようです。

海外旅行者数が増え始めているアメリカは、メキシコのカンクンが人気で、夏休みの検索では2位、年末年始の検索では1位でした。さらにヨーロッパでは、夏休みの検索はスペインのマヨルカ島が人気で、ドイツとフランスでランクインしています。一方、年末年始に多く検索されていたのはモルディブで、イタリアで1位、フランスで2位、ドイツで4位という結果でした。

また、オーストラリアは国内のビーチリゾートであるゴールドコーストが、韓国では済州島が、それぞれ両シーズンで1位となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-74a7ef7f00907fb40b14-1.jpg ]


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/224_3_02895637d69b0822f1674f46f4a055fb.jpg ]


アメリカやヨーロッパに比べて海外旅行再開の兆しが未だ見えないアジア各地では、引き続き国内旅行を中心に検索されています。しかし年末年始の検索ランキングを見ると、海外旅行を検索している人も増えつつあることがわかりました。

特に東京はアジア各地で人気の高い旅行先として検索されており、タイ、台湾、シンガポール、香港において年末年始の検索ランキングで海外旅行先1位にランクインしています。シンガポールと香港では、東京のほかに、北海道や大阪といった日本の他地域もトップ10に入っています。タイと台湾では、ランキングが2つの休暇期間ともに国内旅行で埋まる中、唯一トップ10のランキングに入ったのが東京でした。

今後、新型コロナウイルス感染状況が改善し、入国制限が解除されれば、これらの地域からインバウンド需要が増加することが期待されます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-1e560667e30b2fee2770-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-8677abe7dc86b93be2af-3.jpg ]



[表4: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/224_4_495f5defce50bb202d6bcf5e4221bc2f.jpg ]


エクスペディアでは、コロナ後の旅行のサポートが重要であると考えており、旅のあらゆる場面でお客様に寄り添う「旅のパートナー」となることを目指しています。多くの日本人は、長期間にわたる非常事態宣言の発令やまん延防止等重点措置の適用に伴い、気軽に旅行ができない状況が続いています。エクスペディアは、旅行に際してのストレスを解消するため、あらゆるサポートをしていきます。


[画像5: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-58dab287a3ab683f11fa-4.jpg ]

●柔軟な旅行予約の提供
エクスペディアの旅程表から、日付や宿泊人数、部屋タイプといった予約内容を簡単に変更できます。また新たに「バーチャルエージェント」によるサポートを開始し、今後数か月のうちに日本語も対応予定です。さらに「ワンクリックキャンセル」により、旅行全体のキャンセルや、旅程についてバーチャルエージェントに質問ができるようになります。これらはいずれも、エクスペディアのトラベルアプリで利用できる予定です。


●新型コロナウイルスの旅行ガイドラインに関する便利機能
エクスペディアの「新型コロナウイルス (COVID-19) トラベルアドバイザー( https://www.expedia.co.jp/lp/b/travel-advisor)」では、渡航先の規制や安全衛生に関するガイドラインを検索できます。また宿泊施設ページでは、新型コロナウイルス感染症対策を簡単に確認できるよう、施設によって提供された情報を公開しています。


[画像6: https://prtimes.jp/i/3373/224/resize/d3373-224-ce14982d5060cb3d811b-5.png ]

●お得な予約タイミングをお知らせ
エクスペディアが実施した調査によると、旅行者の35%が「最もお得に予約できるタイミングを知りたい」と回答しました。エクスペディアでは「料金カレンダー」を掲載しており、宿泊施設や航空券のお得な時期を簡単に確認できるようになっています。


「検索ランキング」データについて


旅行目的地の検索データは、各地域のエクスペディアサイトで、以下の期間に行われた宿泊施設単体の検索結果に基づいています。また本ランキングは、実際の予約とは異なります。
・検索日:2021年4月1日~6月30日
・チェックイン日:<夏季休暇> 2021年8月1日~2021年9月30日 
         <年末年始休暇> 2021年12月1日~2022年1月31日


[表5: https://prtimes.jp/data/corp/3373/table/224_5_07e9d69d6c5941ff62a38d8349347dd8.jpg ]


エクスペディア(Expedia)は、世界の大手総合旅行ブランドの一つです。旅行者が最大限に旅行を満喫できるよう、旅行に必要なものを集約し、予算内で満足できる旅行を提供するとともに、全ての段取りにおいてサポートされていると感じられていることを心掛けています。

またグローバルに展開しているブランドとして誰よりも旅行者を理解し、必要なものを必要なタイミングで提供していきたいと考えています。最新のテクノロジーのもと、ホテル、航空券、パッケージツアー、現地ツアーなどの豊富な選択肢から、それぞれのニーズを満たす旅行体験をお届けしていきます。

◼ ホームページ:  http://www.expedia.co.jp
◼ アプリ:  https://www.expedia.co.jp/app
◼ LINE: @expediajapan

※2021 Expedia, Inc. はエクスペディアグループの会社です。全著作権所有。エクスペディア及び飛行機のロゴは、米国 Expedia, Inc. の商標または登録商標です。CST# 2029030-50

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング