1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「神戸市外国語大学 × READYFOR」-学生寮再建!カンボジアの未来の教師たちに、安心して暮らせる環境を-

PR TIMES / 2021年11月10日 19時45分



日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、 代表:米良はるか)と公立大学法人神戸市外国語大学(所在地:神戸市、理事長:田中悟)は業務提携を締結し、本日、提携後第一号としてクラウドファンディングプロジェクト「学生寮再建!カンボジアの未来の教師たちに、安心して暮らせる環境を」を公開いたしました。
(プロジェクトページURL: https://readyfor.jp/projects/74838

[画像1: https://prtimes.jp/i/31325/224/resize/d31325-224-f8b739b6853d766838ed-0.png ]


大学を取り巻く環境が日々変わっていく中、更なる教育・研究の活性化のために、様々な形での寄付獲得が重要になってきております。その有力な手段としてクラウドファンディングを活用することで、各研究室の活動や大学の設備投資などに対する寄付金等を獲得する機会が拡がります。
READYFORが業務提携を結んだ大学は、神戸市外国語大学が37校目です。今回新たに立ち上げた「神戸市外国語大学 × READYFOR」では、第一号として以下のプロジェクトを開始いたします。




プロジェクト概要



・プロジェクトタイトル:「学生寮再建!カンボジアの未来の教師たちに、安心して暮らせる環境を」
・ページURL: https://readyfor.jp/projects/74838
・実行者 :神戸市外国語大学 岡本ゼミ(准教授:岡本 義裕)
・形式  :寄付控除型/All-in形式
※All-in形式は、目標金額の達成の有無に関わらず、集まった支援金を受け取ることができる形式です。
・公開期間:2021年11月10日(水)14時~2021年12月24日(金)23時
・資金使途:男子寮の建て替え費、ベッドなどの生活必需品購入費など
・概要  :カンボジアのコンポントム州小学校教員養成校では、多くの学生が教員になることを目指して日々学んでいますが、実家が遠方にある大半の学生にとって、交通機関の未発達、通学路の舗装整備の不十分といった環境下での通学は大変困難であり、落ち着いて生活し学ぶために学生寮は必要不可欠です。しかし、現在の男子寮は政府から退去要請を受ける程老朽化しているため、男子学生は学校の教室に寝泊まりせざるを得ない状況にあります。そこで、そうした学生たちの生活・学修環境を改善するため、クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げ、男子寮の建て替え及びベッドなど生活必需品購入の資金の調達を、多くの方々からの支援により実現していきます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31325/224/resize/d31325-224-c0b0b695146ea9b928f8-1.png ]




READYFOR株式会社とは



READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営しています。2011年3月のサービス開始から2万件のプロジェクトを掲載し、約100万人から約240億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2021年11月時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大⾂賞(女性起業家賞)を受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください