アシスト、Apache OpenOfficeの支援サービスを提供

PR TIMES / 2012年5月10日 16時11分



~ OpenOffice.orgおよびLibreOffice支援サービスも従来通り提供 ~


 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚辰男、以下、
アシスト)は、従来より提供してきたOpenOffice.org※1および
OpenOffice.orgの派生ソフトウェアであるLibreOffice支援サービスに加え、
Apache OpenOfficeの支援サービスの提供を開始します。

 Apache OpenOfficeはオープンソース・プロジェクトを支援するApacheソフ
トウェア財団(Apache Software Foundation、以下ASF)が2011年6月に
Oracleより寄贈されたOpenOffice.orgをベースに開発を行っているオフィス・
スィートです。ASFはOpenOffice.orgの名称およびライセンスを変更し、今後
はApache OpenOfficeとしてリリースしていくと発表しています。

 アシストは従来より提供しているOpenOffice.orgの支援サービスと同様に、
今後は「Apache OpenOffice支援サービス」※2についても提供していきます。
また、OpenOffice.org、およびOpenOffice.orgの派生ソフトウェアであり
開発が活発なことから人気の高いLibreOfficeのヘルプデスク・サービスや
マクロ・ヘルプデスク・サービスを契約中のユーザ企業には、従来通り各種
支援サービスを継続して提供します。

※1 OpenOffice.orgはオープンソースで開発され、ソースコードが公開され
た、無償で自由に利用できるオフィス・ソフトです。高機能でMicrosoft
Officeと高い互換性を持ち、大手企業/自治体による採用実績があること、
ファイル形式に国際標準規格(ISO26300)および日本工業規格(JIS X4401)
に登録されているODF(OpenDocument Format)が採用されていることなどか
ら注目を集めています。現在はApache OpenOfficeとしてASFにて開発が進め
られています。

※2 集合研修やeラーニング・コンテンツなどテキストやコンテンツの修正が
必要なものは整い次第提供予定です。

----------------------------------------------------------------------
■「Apache OpenOffice/LibreOffice支援サービス」について
----------------------------------------------------------------------

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング