Made in Japanの履き心地とデザイン性を追求するタビオ 渋谷マークシティに靴下屋の「クツシタマスツリー」が登場 2013年12月20日(金)~12月25日(水)

PR TIMES / 2013年12月20日 11時45分



 Made in Japan ならではの繊細な履き心地とデザイン性を兼ね備えた靴下を製造・販売し、「靴下屋」などを展開する
タビオ株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:越智勝寛、以下タビオ)は、2013年12月25日(水)まで開催中の“靴下屋 クリスマスフェア”と連動し、渋谷マークシティ(東京都渋谷区道玄坂1-12-1)井の頭線 渋谷駅・1Fエスカレーター脇ウィンドウに、靴下でできた「クツシタマスツリー」を展示します。


■ 靴下でできた「クツシタマスツリー」について
 今回、靴下屋が手掛けるツリーは約100枚の本物の靴下で出来た“クツシタ”マスツリーです。靴下屋のクリスマスポスタービジュアル同様に、ハッピーな気持ちに包まれる大人ドリーミーな世界観をイメージしました。ツリーを形作る靴下と同じ靴下は、渋谷マークシティ2Fの 「靴下屋 渋谷マークシティ店」で、実際に購入することもできます。


靴下屋 クリスマスポスタービジュアル


渋谷マークシティで展示中の「クツシタマスツリー」


【靴下屋 渋谷マークシティ店 店舗概要】
■住所  : 渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティウエスト2F
■電話番号: 03-6427-0902
■営業時間: 10:00~21:00(平日) / 10:00~21:00(祝祭日)
※ツリー設置場所は、井の頭線 渋谷駅・1Fエスカレーター脇ウィンドウ


 タビオの靴下は、繊細な履き心地をつくるために、長年の経験と技術を積んできた日本の職人たちによって、ひとつひとつ丁寧に編まれています。Made in Japanの履き心地とデザイン性は、ファッションの本場パリでも高い評価を得ています。 


■タビオ株式会社
 タビオ株式会社は 1968 年に創業し、45年の歳月の中で、「靴下を履いていることを忘れてしまうようなフィット感」を追求してまいりました。繊細な履き心地の靴下をつくるために、長年の経験と技術を積んだ日本の職人たちがひとつひとつ丁寧に編み立てています。現在では「靴下屋」「タビオ オム」「ショセット」の靴下専門店ブランドを日本全国に294店舗(2013年11月末現在)展開し「Tabio」名の店舗をパリとロンドンに展開。Made in Japan の履き心地とデザイン性は、ファッションの本場パリでも高い評価を得ています。

■会社概要
社名 ) タビオ株式会社
創業 ) 1968 年3 月
代表者 ) 代表取締役社長 越智 勝寛
本社 ) 大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス内パークスタワー16F         
東京支店 ) 渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー31F 
事業内容 ) 靴下の企画・製造・卸・小売、直営店 靴下屋・タビオ・タビオ オム・ショセットの展開、フランチャイズチェーン 靴下屋の展開
ホームページ ) http://www.tabio.com/jp/        
リリースURL )  http://www.tabio.com/jp/corporate/news/2773/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング