手元供養「ソウルプチポット」に新シリーズ2種が10月に登場専用ポーチ付き携帯可能な「フルール」450年の伝統・石川県“山中漆器”の職人が手がける「蒔絵-あわせ- 家紋」

PR TIMES / 2020年10月1日 14時15分



仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 奥田実)は、いつでも身近で故人を偲ぶことができるよう、遺骨や遺灰・想い出の品の一部を収納し供養できるデザインされた小さな骨壺「Soul Petit Pot(ソウル プチポット)」において、新商品「フルール」、「蒔絵(まきえ)-あわせ-」を10月1日より販売開始します。
Soul Jewelry オンラインストア: https://www.mao-online.com/
[画像1: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-490975-8.png ]

■累計12万個突破!手元供養商品のトップブランド「ソウルシリーズ」
 当社では、遺骨や遺灰の一部を収納し、身近に置いて供養する「手元供養」のオリジナル商品を2010年から企画開発・販売しています。身に着けるジュエリータイプの「Soul Jewelry/ソウル ジュエリー」、デザインされた小さな骨壺「Soul Petit Pot(ソウル プチポット)」、「Soul Stage(ソウル ステージ)」の3ブランドからなる「Soul(ソウル)シリーズ」として、直営店とオンラインストアで販売。全国の葬儀社・石材店・仏壇店にも卸販売を行っております。販売個数は年々順調に推移しており、 2019年、ソウルシリーズは前年比126%を記録、「ソウルプチポット」は、131%を記録しています。

■手元供養とは ~故人を偲び、悲しみを癒す~
 大切な人が亡くなり、深い寂しさと喪失感を感じる方が多くいます。「手元供養」とは、小さな容器やジュエリーなどに故人の遺灰や想い出の品などを納め、自宅に安置したり常に身に着ける、新しい供養のスタイルです。いつでも故人との絆を感じることができるので、遺された遺族の深い悲しみを癒し、心の拠り所となります。
 「手元供養」が人気となった背景は環境の変化があります。近年、人々の生活スタイルは大きく変化し、葬送のスタイルも従来の宗教・慣習にとらわれない様々なスタイルを望む方が増えています。核家族化の影響によって、一緒に暮らしていた近しい家族を供養する意識=「供養のパーソナル化」が進行していることも、「手元供養」の需要も伸びている要因の一つと言えます。
 また、お墓が遠方にあり、お参りにあまりいけない方でも、手元供養は身近でいつでも供養することができることや、現代の洋風の生活空間にマッチし、様々なファッションやシーンでも使うことができる優れたデザインも人気の理由です。

■ 「いつでも どこでも 心温まる」がテーマ・ポーチで持ち運び可能
 手元供養商品の「ソウルプチポット」の中でも、特に携帯できるタイプの需要は高まっており、前年は2,000個以上を販売。2020年7月末時点でも1,700個以上販売しており、年間で前年比132%を見込んでいます。今回発売する「フルール」は、コスメポーチのようなデザインで「いつでも どこでも 心温まる」をテーマに開発。居住空間に置くことを想定し和洋を問わずインテリアにマッチするフォルムを追求したポットを持ち運びしやすいようポーチに入れることができます。バック等に入れても違和感のないデザインと骨壷部を守る傷つきにくく丈夫な素材と構造を実現しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-937211-4.jpg ]

<カラーバリエーション>
クラッシックネイビー/サクラピンク/ライラックパープル/コーラルブルー/アコースティックブラウン/コスメホワイト

<ポット部について>
・蓋と本体をしっかり勘合する仕上げ。
・表面のクリア塗装が真鍮部の変色・塗装面の色はげを防ぎます。
・中面は磨きにくい曲面にも関わらず滑らかな仕上げ。
・底面にはフェルトを張り、設置場所に傷がつくのを防ぎます。
・専用の巾着が付属。

<ポット部のデザインについて>
・真鍮のリングをアクセントにした安定感りあるフォルム
・小さくても安心の手に包み込む事の出来るサイズと
しっかり感のある重さ、携帯するのに負担のならない重量。
・洋室でも和室に置いても違和感のないカラーとフォルム。
・カラーは、性別・年齢それぞれの好みにフィットする6色を用意。
[画像3: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-327596-0.jpg ]

<ポーチについて>
・厚手で丈夫な合成皮革製、傷つきずらい表面仕上げ。
・大きめのホック止めでしっかりポーチをカバー。
・ポットの大きさとジャストサイズで、移動などで蓋のゆるみや外れを防ぐ。
・内側にミニフレームが付いているので写真やメッセージを入れる事ができる。

<ポーチのデザインについて>
・コスメポーチのような安定感のある落ち着いたフォルム。
・部屋置きでも骨壺とも判別できないポーチ。
・カラーは、性別・年齢それぞれの好みフィットする6色を用意。
・ソウルプチポットシリーズ初となる新色コスメホワイトを追加。
[画像4: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-586297-6.jpg ]

<概要>
名称 :ソウルプチポット フルール
価格 :18,000円(税別)
カラー:全6種
販売 :当社直営店 https://www.mao-online.com/fs/temoto/c/shoplist
オンラインストア https://www.mao-online.com/fs/temoto/09-60-910
ソウルシリーズを取扱う、全国の葬儀社・仏壇店・石材店

■ 450年の伝統を誇る石川県「山中漆器」の伝統技術・家族の絆の証「家紋」入り
「蒔絵-あわせ- 家紋」は、450年の伝統を誇る石川県の山中漆器の職人が一つひとつ丁寧に仕上げるソウルプチポットです。 「蒔絵-あわせ-」として以前より販売しており、重厚なデザインと本漆のなめらかさ、故人の名前や没年月日等を施すことができる「名入れオプション」も好評をいただいておりました。「蒔絵-あわせ-家紋」は、家族の絆やアイデンティティを大切にしたい方に向け、家紋を施すことができる商品です。家紋は2万以上確認されていると言われますが、広く知られている代表的な家紋はもちろん、特殊な図柄の家紋にも対応可能です。漆は古来より大切なものを納めるために使われており、耐水性や防腐性にも優れています。その表面は時が経つ程味わいを深めていき、大切な方への想いをいつまでも色褪せることなく、柔らかく包み込みます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-883817-3.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-726546-2.jpg ]

<特長>
・漆器の強靭性・保存性で、大切な人の遺骨を守り続けます。
・オプションとして中蓋にお好きなメッセージ・没年月日を「本金蒔絵」でお入れします。
・ちりめん製の巾着が付属してあるので、旅行や外出時に持ち運ぶ事もできます。
・本体上面の広い面に「蒔絵」が描ける為、「本金蒔絵」の美しさをさらに引き出しています。
・「家」の象徴である家紋を「本金蒔絵」で施し、家族の絆やアイデンティティを大切にできます。
・茶道具の「香合(こうごう)」を思わせる上質で飽きのこないかたちです。
・シンプルで安定感のある形状なので、置いていて安心感があります。
また洋室や和室の仏壇の中に納めても違和感がありません。

<概要>
名称 :ソウルプチポット蒔絵-あわせ- 家紋
価格 :45,000円(税別)
付属品:特製個装箱・巾着(ちりめん製)・ちりめんシール(中蓋用)
販売 :当社直営店 https://www.mao-online.com/fs/temoto/c/shoplist
オンラインストア https://www.mao-online.com/fs/temoto/09-60-910

<注文・オプションについて>
お客様にご指定の家紋の名称とデータをいただき、職人が家紋を彫刻します。
また、5,200円(税別)でお好きな文字を中蓋に入れることが可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-212296-7.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-572844-5.jpg ]

■ ソウルジュエリー ブランドサイト
2020年8月にソウルジュエリーブランドサイトをリニューアルしており、お客様にとって一生ものである手元供養商品をより見やすく変更しております。
・レスポンシブwebデザインに対応
・ご希望に合わせ詳細な商品検索が可能
・購入者様から寄せられた声を多数掲載
・手元供養に関する基本知識や最新情報をコラム形で紹介
・全国の取り扱い店舗を検索可能

ブランドサイト: https://www.souljewelry.jp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-301966-9.png ]

■販売店舗
直営店とオンラインストアでの販売に加え、全国の葬儀社、石材店、仏壇店に卸販売を行っております。 中でも、「Soul Jewelry Style店」は3ブランドの売れ筋商品の取り扱いのあるショップで、専門知識を持った店舗スタッフが対応します。

<店舗一覧>
https://www.souljewelry.jp/shop/
[画像10: https://prtimes.jp/i/14037/226/resize/d14037-226-639505-10.jpg ]


■会社概要:メモリアルアートの大野屋
メモリアルアートの大野屋は、1939年に石材店として創業以来80年以上にわたり、お葬式、お墓、手元供養、無料仏事相談など、仏事に関する総合サービスを提供しています。さらに、ペットと一緒に入れるお墓「ウィズペット」や、「手元供養商品:ソウルジュエリー」など、先進的な取り組みを続け、お客様起点のサービスを開発し続ける仏事関連総合サービスです。
HP: http://www.ohnoya.co.jp/ FB: http://www.facebook.com/ohnoya

設立 :1939年3月(昭和14年)
資本金 :1億円
決算期 :12月
代表者 :代表取締役 会長/最高経営責任者(CEO) 大澤 静可
代表取締役 社長/最高執行責任者(COO) 奥田 実
所在地 :〒163-0638 東京都新宿区西新宿1丁目25番1号 新宿センタービル38階
事業内容 :墓所・墓石の販売
墓所造営 葬祭業
仏壇・仏具の販売
保険

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング