木造9階立て高層建築が、スギ花粉症をも駆逐する!? 早くも10万部突破!『里山資本主義』に見る日本の未来。

PR TIMES / 2013年9月10日 12時53分

角川書店



木造9階立て高層建築が、スギ花粉症をも駆逐する!?     

早くも10万部突破!『里山資本主義』に見る日本の未来。


発売1か月で10万部突破。「ものづくりニッポン」が歩むべき未来を提示する『里山資本主義―日本経済は「安心の原理」で動く』が大きな反響を呼んでいます。

里山資本主義とは『休眠資産を再利用することで、原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たす現象。安全保障と地域経済の自立をもたらし、不安・不満・不信のスパイラルを超えるモデル』

本書の事例でとりわけ大きな反響を呼んでいるのが、日本における木材加工の最先端を走る、岡山県の企業・銘建工業の事例です。本書の刊行後、角川oneテーマ21新書取材班は銘建工業を訪れ、代表取締役社長・中島浩一郎氏にお話を伺いました。

------------------------------------

取材班「本書の刊行から、御社へのお問合せなどはありましたか?」
中島「お客様から「本を百冊買いたい」という相談が複数ありました。この本は何かこう、皆さんを前向きに元気にさせるエネルギーのようなものを持っているのかもしれませんね」
取材班「今日も大勢の小学生が見学に来ているのをお見かけました」

中島「小学生から中学・高校生まで見学はひっきりなしに来て おりまして、対応は大変ですが、これもまた嬉しい悲鳴でして。また県外の企業からも見学や講演の依頼が来ています」
取材班「社内を見学させていただきましたが、製材から木屑による発電まで、木を本当にくまなく、とことん無駄なく使われているのを実感しました。他の業種の方でも非常に参考になるかと思います。」
中島「“木を愛している”なんて思ったことはないですが、私たちは“ちゃんと木材を使いきろう”という意識を常に持っています。元来日本人は何もかも無駄なく使い切る、そういうことが得意な民族なのだと思いますね」

取材班「もったいないの文化。かつての鯨漁などもそうですね。本書について非常に反響が大きいのが木造9階立ての建物も可能にする新建材のCLTですが、CLTについての反響はいかがでしょうか」
中島「CLTは知らない人にとってはまさに“目から鱗”のようです。御社が出した本の新聞広告を見て知り、驚いた方も多いようです。弊社では既にCLTの試作のラインを持っています。3年ほど前から日本農林規格(JAS)に入れていただけるようお願いをしていますが、今年中にも申請がおりるのではないかという目処がたってきました」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング