駐日イタリア大使館コラボイベント『Festa di aperitivo』開催@オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店

PR TIMES / 2019年11月5日 11時25分

2019年11月17日(日)16:00~18:00



[画像1: https://prtimes.jp/i/7752/227/resize/d7752-227-652994-9.jpg ]


2019年11月17日(日)、 株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿 / 代表取締役社長 秋元 巳智雄(以下、 当社)]では、 オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店にて、 ”Festa di aperitivo”を開催します。 アペリティーボとは、 夕食前に軽食とお酒を楽しむイタリアの食習慣です。
オービカ モッツァレラバーでは、 2008年に日本1号店がオープンして以来、 アペリティーボを実施し、 その普及に努めてきました。 このたび、 より多くの方にアペリティーボを体験していただくため、 駐日イタリア大使館とコラボレーションし、 ”Festa di aperitivo”を開催します。 全テーブルでアペリティーボ メニューをお楽しみいただける他、 駐日イタリア大使およびイタリア料理アカデミア日本代表をお招きしセレモニーを行います。 なお、 今年はカクテル「ネグローニ」が誕生してから100周年を迎えます。 当日はそれを記念し、 オリジナルの“クアシーネグローニ”と軽食のセットも特別にご用意します。


■Festa di aperitivo

開催日 2019年11月17日(日)16:00~18:00 ※全テーブルで提供
開催場所 オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店 ( http://obica.jp/hills/)
ご予約  https://yoyaku.toreta.in/obica-roppongihills/
ゲスト 駐日イタリア大使・イタリア料理アカデミア日本代表


[画像2: https://prtimes.jp/i/7752/227/resize/d7752-227-554033-11.jpg ]



アペリティーボ メニュー

〈ドリンク すべて各500円〉
アペロール スプリッツ
パッショーネ
キールロワイヤル
ブラッディミモザ
ワイン(スパークリング・赤・白)
ブラッドオレンジジュース

〈フード〉
前菜盛り合わせ+1ドリンク  1200円
水牛モッツァレラ&フルーツトマトのカプレーゼ  600円
ブレザオラ イタリア産牛肉の生ハム  650円
アンチョビ&水牛バターのトースト  600円
ソフトシェルクラブのサルティンボッカ  800円

※表示価格はすべて税別です
※メニューは他にも多数ご用意しております


■アペリティーボ(Aperitivo)とは

[画像3: https://prtimes.jp/i/7752/227/resize/d7752-227-459873-8.jpg ]


アペリティーボとは、「食前酒」という意味の単語ですが、 イタリアでは夕食の時間が遅く、 夕食の前に軽食とお酒やノンアルコールドリンクを楽しむ習慣があり、この習慣のことをアペリティーボといいます。イタリアでは外食の際、まずバールに集合して一杯飲んでからレストランに向かったり、レストラン内のバールで一杯飲んでから食事を始めることが多く、 この一杯が食前酒的な役割となります。
オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店では、 2008年にオープンして以来、イタリアの習慣にならい、 夕方16時より3時間、 バーエリアのみ”アペリティーボ”メニューを提供しています。


■ネグローニ(Negroni)とは

[画像4: https://prtimes.jp/i/7752/227/resize/d7752-227-459550-10.jpg ]


ネグローニとは、カンパリ、ベルモット、ドライ・ジンを合わせたカクテルの一種です。この世界的に人気のカクテル「ネグローニ」は、イタリア・フィレンツェにある老舗リストランテ「カソーニ」で誕生しました。1919年、同店の常連だったカミーロ・ネグローニ伯爵が愛飲していた「アメリカーノ」(当時、カンパリとベルモット、ソーダを材料としていたカクテル)に飽きたのか、ソーダの代わりにジンを入れてほしいとオーダーしました。美食家として高名であったネグローニ伯爵は、これを大変気に入ったことから誕生したといわれているのが、この「ネグローニ」です。その後、同店のバーテンダーがネグローニ伯爵の許可を得て、正式に「ネグローニ」と名付けられました。オービカ モッツァレラバー 六本木ヒルズ店でご用意する「ネグローニ」は、 ”クアシーネグローニ”と称し、オリジナルのインフューズドジンとカンパリ、ベルモットにソーダを加えて飲みやすく仕上げています。


■オービカ モッツァレラバーとは

[画像5: https://prtimes.jp/i/7752/227/resize/d7752-227-179711-0.jpg ]


オービカ モッツァレラバーは、高級チーズとして名高い、本場カンパーニャから空輸した水牛ミルクを100%使用したフレッシュモッツァレラチーズを気軽に楽しめる、モッツァレラバーです。店名は、イタリア語の“Eccolo Qua” (さあ、どうぞ)のナポリ方言“Obicà”(オービカ)を語源とし、お客様をいつでも「さあ、どうぞ」と、迎え入れる気持ちを表わしています。

2004年イタリアのローマにオープンし、現在、イタリア国内に10店舗、ロンドンに4店舗、アメリカに5店舗展開し、ワールドワイドでお客様からの支持を得ています。日本では、2008年11月28日、六本木ヒルズに1号店をオープンし、その後、六本木の東京ミッドタウン、横浜、大阪の梅田にオープンしました。2018年4月に高輪店が加わり、計5店舗を営業しています。


■ワンダーテーブルについて

株式会社ワンダーテーブルは、国内48 店舗、海外74店舗の飲食店を展開しています。しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題「モーモーパラダイス」やビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」などの自社ブランドを国内外で展開する一方、ニューヨークアメリカン「ユニオン スクエア トウキョウ」、シュラスコ料理専門店「バルバッコア」、プライムリブ専門店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」などの海外ブランドを誘致し経営しています。

※URL: http://www.wondertable.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング