作家、重松清がナビゲーターを務めるラジオ番組『Hitachi Systems HEART TO HEART』2018年度シーズンと連動した連載企画が、雑誌『小説幻冬』(幻冬舎刊)でスタート!

PR TIMES / 2018年4月3日 17時1分

J-WAVE(81.3FM)



ラジオ局 J-WAVE(81.3FM)と東北放送で2013年から放送している震災復興支援ラジオ番組『Hitachi Systems HEART TO HEART』。番組ナビゲーターが東日本大震災をはじめとした被災地へと赴き、取材や対談を通じて、未来へ繋ぐバトンについてリスナーとともに考える、月1回のスペシャルプログラムです。2018年4月からのSEASON6では、作家の重松清がナビゲーターを務めます。

[画像: https://prtimes.jp/i/25404/228/resize/d25404-228-607524-0.jpg ]
(C)新潮社写真部

そして、今シーズンは、この番組と連動した連載企画が、幻冬舎刊行の月刊文芸雑誌『小説幻冬』にて展開されることになりました。『希望の地図2018 HEART TO HEART』と題されたこのルポ企画は、オンエアの翌月27日に発売の『小説幻冬』に掲載されます。

ラジオ番組と雑誌連載企画のメディアミックスで展開する、2018年度の『Hitachi Systems HEART TO HEART』に、どうぞご期待ください。


番組概要

◆番組タイトル:Hitachi Systems HEART TO HEART
◆放送局・放送日時: J-WAVE(東京および近郊)毎月第三日曜日 22:00~22:54
           東北放送(宮城および近郊)毎月第四土曜日 19:00~19:55(一部変更の可能性あり)
◆ナビゲーター:重松清(作家)


雑誌概要

◆誌名:小説幻冬
◆出版社:幻冬舎
◆発行日:毎月27日(月刊誌)


重松清 プロフィール

1963年 岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務をへて著述業に。
1999年 『ナイフ』で第14回坪田譲治文学賞受賞。 1999年 『エイジ』で第12回山本周五郎賞受賞。 2001年 『ビタミンF』で第124回直木賞受賞。 2010年 『十字架』で第44回吉川英治文学賞受賞。 2014年 『ゼツメツ少年』で第68回毎日出版文化賞受賞。 その他の主な著書に『流星ワゴン』『とんび』『その日のまえに』『赤ヘル1975』など。 2016年から、早稲田大学文化構想学部教授(任期付き)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング