J:COMとJCNが合併

PR TIMES / 2014年2月26日 15時48分

6月にJCNブランドをJ:COMに統一、サービス統合へ

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)は、本日の取締役会において、ジャパンケーブルネット株式会社(JCN、本社:東京都中央区、代表取締役社長:牧 俊夫)と合併することを決議いたしましたので、下記の通りお知らせします。

1. 合併の背景、目的:
J:COM、JCN、KDDI株式会社(KDDI、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司)および住友商事株式会社(住友商事、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 邦晴)は、2013年11月19日にJ:COMとJCNの経営統合について発表しました。その発表の通り、J:COMは、2013年12月2日にJCNの全株式を取得し、2014年4月を目標としてJCNとの合併準備を進めてまいりましたが、本日のJ:COMの取締役会決議を受け、正式に4月1日をもって合併することになりました。

ブランド統合、サービス統合等を通じ、規模の経済を追求していくとともに、新たなサービスの導入によってお客さまの満足度向上を図り、ケーブルテレビ事業者のトップランナーとして、一層の成長を目指してまいります。

2.合併期日:2014年4月1日

3.合併新会社の運営方針:
J:COMが推進してきた、地域密着サービス強化による「コミュニティパートナー」への進化、及びメディア・コンテンツ事業強化による「総合メディア事業グループ」への転換という中期戦略を維持しつつ、JCNが先行してスタートしたスマートテレビサービスに関するノウハウ等を積極的に活用していきます。

また、KDDIが保有するauの商材や販売チャンネル、移動・固定通信における技術開発力、住友商事が保有するメディア業界における知見及び、小売ビジネス、IT、不動産等の多様な事業領域との関係性を最大限活用し、より一層のサービス品質の向上と競争力の維持拡大に努めてまいります。

4.今後の統合スケジュール:
【2014年4月1日】
合併に伴いJCNの本社機能はJ:COMに一体化し、オフィスも順次J:COM丸の内オフィスに集約します。

【2014年6月1日(予定)】
JCNブランドはJ:COMブランドに切り替わります。
同時にJCNエリアでは、従来JCNが提供していたサービスの新規販売を終了し、現在J:COMが提供しているサービスと同等のものを新たに提供開始します。※既にJCNサービスにご加入いただいているお客さまは、引き続き当該サービスをご利用いただけます。
また、JCNのコミュニティチャンネル「にっぽんケーブルチャンネル」は、現在放送している番組の一部をJ:COMの全国向けオリジナルチャンネル「J:COMテレビ(愛称J:テレ)」に引き継ぎ、チャンネル名称も「J:COMテレビ(愛称J:テレ)」に改称します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング