【プレスリリース】セレーナ・ゴメス・ユニセフ親善大使、ネパールを訪問 搾取や虐待にあった子どもたちと面会

PR TIMES / 2014年5月30日 14時46分



※本信は ユニセフ米国国内委員会の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、編集
したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年5月29日 ニューヨーク発】

女優でいくつものヒット曲を持っているセレーナ・ゴメス・ユニセフ親善大使が、ネパール
訪問から帰国。今回の訪問の目的は、支援を必要としているネパールや世界の子どもたち
への関心を高めることでした。ゴメス親善大使は、子どもの発育を支援するユニセフの
取り組みのうち、特に教育、栄養、保健、保護の取り組みを見学し、その成果を直接
目にしました。


「今回のネパール訪問は、とてもパワフルなものでした。衝撃的で胸が痛むこともあれば、
信じられないほど感激させられることもありました。みなさんもとても貧しい生活を送る
子どもたちに会えば、最初は、子どもたちから基本的なニーズと権利を奪うことなど
できない(子どもたちを守らなければ)と思うでしょう。けれど、子どもたちと会話を
すると、子どもたち自身が希望や明るい見通し、明るい未来を持っていることに気づく
と思います。この世代の子どもたちは「自分たちで変えることはできる」と信じ、
行動を起こすことができるのです。子どもたちのこうした姿勢は、質の保たれた教育や
リーダーシップ、機会を得ることで生まれるものであり、ユニセフが支援活動を行って
いる分野です。ユニセフ親善大使であることを誇りに思い、世界の子どもたちへの支援
をさらに広げる一端を担えることを光栄に思います」と述べました。


滞在中、ゴメス親善大使は、ユニセフが支援するサトバリヤ・ラプティ中学校を訪問。
同校は、安全で対話的、クリエーティブで楽しく学べる環境が整っている「子どもに
やさしい」学校です。数学や理科、国語の授業を見学した後、ゴメス親善大使は
「子どもクラブ」のメンバーと席を共にしました。

「男女にかかわらず、生徒のみなさんが、自分たちの生活に影響を与えている問題
について、同世代の友達やおとなたちに、どのように啓発しているかを知り、とても
驚きました。私が話をした子どもたちの多くは、将来、自分たちの社会のリーダーに
なりたいと教えてくれ、教育の重要性を語るのを聞いて感動しました」と語りました。


「子どもクラブ」の生徒たちは、楽器を使って
ネパールのフォークソングを演奏し、
ゴメス親善大使にプレゼントしました。その後、
ゴメス親善大使は地域の伝統的な
ダンスの輪に加わりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング