梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)工事施行計画の決定について

PR TIMES / 2014年3月26日 16時22分

2013年3月27日付けのプレスリリースでお知らせしたとおり、阪神電気鉄道株式会社と阪急電鉄株式会社では、梅田1丁目1番地計画(阪神百貨店(阪神梅田本店)の入居する大阪神ビルディング及び新阪急ビルの建替計画)を推進すべく、行政及び関係先との協議を進めているところですが、今般、本計画に係る工事施行計画を決定し、本年秋頃、工事に着手しますので、次のとおりお知らせします。



リリース(PDF)はこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140326_2285.pdf

今後も行政及び関係先と引き続き協議を行い、2022年(前回発表時では2023年としていました。)の竣工を目指します。

※ 今後の行政協議や実施設計の進捗等により変更となる可能性があります。

<「工事施行計画」の概要 >
(施工は株式会社竹中工務店を予定)
1. I期工事(新阪急ビル解体工事着手)  … 2014年秋頃
2.    〃 (大阪神ビルディング東側解体工事着手)  … 2015年春頃
3.    〃 (梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) I期部分新築工事着手)  … 2015年秋頃
4. I期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)  … 2018年春頃
 ※新百貨店の部分開業
5. II期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)  … 2018年春頃
6.    〃 (梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)II期部分新築工事着手)  … 2019年春頃
7. II期工事竣工(新百貨店部分)  … 2021年秋頃
 ※新百貨店の全面開業
8. 全体竣工  … 2022年春頃(注)
 ※オフィス部分の開業
注)工事施行計画検討の進捗により、前回発表時の2023年から2022年となっています。


【参考】 「梅田1丁目1番地計画」の概要

本計画地は大阪の中心地である梅田地区にあり、御堂筋の起点に位置しています。本計画では、両ビル間の道路上空を活用 した建替えと周辺公共施設整備を一体的に行うことにしており、都市機能の高度化、防災機能の強化、公共的空間の創出、良好な景観形成等を通じ、国際競争力の強化に資する快適で質の高いまちづくりを進めてまいります。
計画ビル内には百貨店ゾーンとオフィスゾーンのほか、梅田地区におけるビジネス活動の活性化に資するカンファレンスゾーンを整備し、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用することとしています。更に、ビル周辺では、地下・地上・デッキレベルでの3層歩行者ネットワークを強化し、街の回遊性を高めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング