【連載コラム】消費税8-10%時代を生き抜くための「保険とマネーの知恵」自動車保険 第2回 子どもの免許取得・独立・結婚。そのとき、自動車保険はどうしたらいい?

PR TIMES / 2014年6月26日 18時6分



株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)は運営する「保険市場(ほけんいちば)」( http://www.hokende.com/ )において、連載コラム<消費税8-10%時代を生き抜くための「保険とマネーの知恵」>自動車保険 第2回を掲載しましたので、お知らせします。

今と将来の家計への影響度が大きい「学資保険/子ども」「年金/医療/介護」「生命保険」「自動車保険」について、各分野に詳しい女性ファイナンシャルプランナーがアドバイス。知っているのと知らないのとでは、かかるコストも受けられるサービスも異なってきます。楽しく学んで、暮らしに賢く取り入れましょう!

連載コラム<消費税8-10%時代を生き抜くための「保険とマネーの知恵」>
http://www.hokende.com/static/life/features/wisdom/

自動車保険 第2回<子どもの免許取得・独立・結婚。そのとき、自動車保険はどうしたらいい?>
http://www.hokende.com/static/life/features/wisdom/auto/2/

<コラム執筆者プロフィール>
中垣 香代子(なかがき かよこ)
AFP/2級ファイナンシャルプランニング技能士
損害保険会社に約10年勤務後、子育てに専念。約20年間の専業主婦の後、ファイナンシャルプランナーとなる。
「老後のお金サポーター」として、相談業務の他、40~50歳代女性にお金の知識をわかりやすく伝える活動をしている。また、自身の経験から、経済的理由で進学をあきらめるお子さんが一人でも減ることを願い、就学支援の情報発信にも力を入れている。
老後のお金を一緒に考える事務所 所長。

<コラム監修者プロフィール>
柳澤 美由紀(やなぎさわ みゆき)
CFP(R)/1級ファイナンシャルプランニング技能士/行動習慣ナビゲーター認定講師
◆子供時代にサラ金の取り立てを経験。お金に振りまわされて一生を終えた父と、月給17万円の母子家庭ながら娘を私大に入れ、その後マンションを現金で買ったやりくり上手の母の子として育つ。両極端な両親に育てられた人間だからこそ気付いた、お金を招き寄せる人特有の「知恵」「習慣」「仕組み化」。これを広めるため、講演・研修・個人コンサルティングを行っている。
◆関西大学社会学部(産業心理学)卒業。1997年よりファイナンシャルプランナーとして活動中
(株)家計アイデア工房 代表取締役

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング