雑誌付録史上"最小"トートバッグが登場! 小さすぎてカワイイ大・小 親子トートがSNSで話題沸騰!

PR TIMES / 2015年10月21日 13時28分



ファッション雑誌販売部数No.1の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発売する女性ファッション雑誌『リンネル』12月号(2015年10月20日発売)で、雑誌付録史上“最小”のトートバッグがブランドアイテム付録になります。北欧の人気ブランド「リサ・ラーソン」とのコラボレーションで、リサ・ラーソンの中でもっとも人気の高い「ハリネズミ」柄の大・小2個セットになった「親子トート」です。

[画像1: http://prtimes.jp/i/5069/231/resize/d5069-231-981509-3.jpg ]


 『リンネル』12月号の付録は「リサ・ラーソン ハリネズミ柄 可愛すぎる親子トート」。大・小2個セットで、手のひらサイズの小さなトートが大変可愛く、昨日発売にもかかわらず、すでにInstagramなどSNSに画像をアップする人が続出。その“小ささ”が多くの人の心をとらえ、小さなお子さんが持っている様子や、ペットの小型犬や猫とアップする人が多いほか、昨今の「ハリネズミ」ブームもあり、ペットのハリネズミと一緒に撮った写真をアップする方が特に目立ちます。

 誌面でも、昨年twitterで大人気となり、ハリネズミブームの火付け役となったハリネズミの「まるたろう」との可愛すぎる2ショットを公開しています。

[画像2: http://prtimes.jp/i/5069/231/resize/d5069-231-710613-6.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/5069/231/resize/d5069-231-422380-4.jpg ]


 『リンネル』は、ふわっとやさしい暮らし&おしゃれマガジン」がコンセプトの、“心地よい暮らしと装い”を提案するライフスタイル誌です。
 2010年に創刊し、その世界観が共感を呼び、月間15万部を売り上げる人気です。宝島社のファッション雑誌11誌では、雑誌ごとに毎号、オリジナルのブランドアイテム付録をつけていますが、中でも『リンネル』の付録クオリティの評判は高く、女性向けモノ批評雑誌「LDK」の“プロ”が採点する「女性誌付録オブザイヤー」【2014年月刊誌部門】でも1位を獲得しています。


 12月号の誌面では、北欧カルチャーを大特集しており、誌面から付録まで、北欧情報が満載。『リンネル』では創刊時から、旅や暮らし、インテリアまで、「北欧」特集を頻繁に行っており、読者からも人気が高く、10/20にはWEBサイト「kuraline(クラリネ)」もオープンし、編集部がセレクトした北欧雑貨の販売もスタートしました。

宝島社は今後も、企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、女性ニーズをとらえた編集力を活かし、より多くの方に喜んでいただけるコンテンツを提供してまいります。


■『リンネル』12月号
■発売日:2015年10月20日
■定価:740円(税込)
■ブランドアイテム付録:リサ・ラーソン ハリネズミ柄2個セット 可愛すぎる親子トート

★宝島社 treasure news →  http://treasurenews.jp/
★リンネル webショップ「kuraline(クラリネ)」 → http://kuraline.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング