1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Terra Drone、ドローンサービス市場で世界2位

PR TIMES / 2021年10月1日 9時45分

 Terra Drone株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹、以下 テラドローン)は、世界的なドローン市場調査機関であるDrone Industry Insights(DRONEII)より、9月17日に発表された「ドローンサービス企業 世界ランキング2021」において、産業用ドローンサービス企業として「世界2位」との評価を頂きました。



 DRONEIIは、世界400社の中から800以上企業情報を伴うデータベースから企業規模や事業成長、市場シェアや市場の関心度合に基づき評価されています。当社は同ランキングにて、海外拡張戦略と実績が評価されランクインいたしました。(ランキングレポートはこちら: https://droneii.com/drone-service-provider-ranking-2021

 当社は2021年に入り、国内外で積極的に事業を推進してまいりました。2月にシリーズAでINPEX等から15.1億を資金調達、5月には企業規模拡大に伴うオフィス移転を実施。世界でもトップクラスとなる2,000件以上の測量/点検サービスの提供をはじめ、ドローンや空飛ぶクルマが空を飛び交う将来を見据え、大手企業と共同でドローン運航管理システム(UTM)の実証実験を重ねております。測量分野では、従来価格の約3分の1を切る自社開発のドローン搭載型レーザ「Terra Lidar (特許取得済)」の新型モデル「Terra Lidar One」を発売。点検分野では、石油メジャーであるシェルの欧州最大規模の製油所における点検や、世界最大手総合科学メーカーBASF、国内はINPEX等とのドローン点検の実施。加えて、運航管理(UTM)分野では、欧米各国での国レベルでのUTMの採用や、空飛ぶクルマ事業へ本格参入を行い、JAXAや三井物産等と大阪万博に向けて、実証実験を進めております。

 国内外で、ドローンサービス領域だけではなく、ドローンが複数台同時に空を飛び交うフェーズに突入し、社会実装が進む中で、運航管理等安全で効率的な空のインフラの整備を進めて参ります。
[画像: https://prtimes.jp/i/20194/231/resize/d20194-231-c1d2933614faad6cf18e-0.png ]



 以下、昨年から今年における弊社の主な実績をまとめておりますので、ご覧下さい。
 (詳細はこちら: https://www.terra-drone.net/news/

<1>経営に関するプレスリリース
・テラドローン シリーズAにて総額15.1億円の資金調達を実施
・4月19日付で渋谷区道玄坂の第一暁ビルにオフィスを移転いたしました。
・取締役および執行役員の体制についてのお知らせ
・テラドローン株式会社の社外取締役に深田啓介氏が就任「ドローンが当たり前になる社会を目指して」
事業成長を強化

<2>点検事業に関するプレスリリース
・UTドローンによるタンク点検で、3密回避 世界最大手の窒素肥料メーカー ヤラ・インターナショナルのプラント設備点検を実施
・世界最大手の総合化学メーカーBASFにUTドローン検査を提供
・テラドローン、食品業界DXを推進。世界有数の食品会社Bungeの食用油タンクに、ドローンによる超音波板厚点検を実施。
・テラドローン、出光興産の石油タンクに対しドローンで肉厚測定の実証実験を実施
・Terra Inspectioneering、ロイヤル・ダッチ・シェル社に対し、ドローンで膜厚検査の実証実験
・UTドローンを用いた非破壊検査で大幅なコスト削減を実現。欧州最大規模のシェル・ペルニス製油所の貯蔵タンク内部点検を実施しました。

<3>運航管理事業に関するプレスリリース
・テラドローン、JAL、およびJAXA、 兵庫県養父市にてドローンを用いた物資輸送実証を公開
・テラドローンとエアモビリティ 「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けて業務提携
・テラドローン(株)及び 国際石油開発帝石(株)間における 事業構想「INPEX‐Terra Drone Intelligent Drone構想」について
・Unifly社 ベルギーのアントワープ港より運航管理システム運用のパートナーに任命
・大阪府公募案件採択:空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験~大阪府におけるエアモビリティ統合運航管理プラットフォーム事業~
・Terra Drone、空飛ぶクルマの事業へ本格参入
・Terra Drone、三井物産、三井物産エアロスペースと、空飛ぶクルマ事業に関する業務提携
・Terra Drone、天井クレーンの超音波探傷検査向けドローンの機構を開発

<4>測量事業に関するプレスリリース
・ドローン搭載型グリーンレーザー測量の導入が全国で加速
・テラドローン、レーザ測量用「クラウド解析プラン」の利用数が、累計200フライトを突破
・テラドローン、最新型レーザードローン「Terra Lidar One」の発売を開始
・近年増加する豪雨災害対策として当社UAVグリーンレーザーで河川調査を実施。深さ2.5~3.0mで誤差5cm以内の高精度な河床データ取得に成功。

■Terra Drone株式会社について
 2016年に創業。東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中 心に事業展開する、世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。
 世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世界ランキング2021」において、産業用ドローンサービス企業として「世界2位」に選ばれ、2021年2月にシリーズAで15.1億円を調達した。
 測量分野では大手ゼネコン・建設コンサルからの案件を中心に、世界でもトップクラスとな る2,000件以上のドローン測量/点検実績がある。現在、国内導入実績No.1の「Terra Lidar (特許取得済)」の新型モデル「Terra Lidar One」を発売。
 点検分野ではINPEXと事業構想「INPEX‐Terra Drone Intelligent Drone構想」を立ち上げ、DXを推進している。また、特許取得済みのUT(超音波探傷検査)ドローンを用いた検査技術も導入している。
 運航管理分野では、JAL、三井物産等と共同でドローンや空飛ぶクルマの社会の実現において必須の運航管理プ ラットフォームである「Terra UTM」の開発を行っている。

■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社 広報 宮本
電話 : 03-6419-7193
メール: pr@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング