スポーツウエアの技術を生かした最先端のクリーンルームウエアを「TOKYO PACK 2014(東京国際包装展)」に初出展

PR TIMES / 2014年9月19日 10時53分

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)は、東京ビッグサイトで開催される、包装資材・容器、包装機械に関する国際総合包装展「TOKYO PACK 2014」に初出展します。




弊社では、スポーツ分野で培ってきた開発技術を生かし、「快適性」をテーマに1986年よりハイテックウエア(防塵服)の開発に着手し、半導体を初めとした電子部品、医薬品、食品などの製造分野に向けたソリューションも積極的に提案しています。
今回、新しい市場開拓の一環として、「TOKYO PACK 2014」に初出展し、「異物混入対策」に着目したアイテムを展示します。
作業環境に応じた「眉毛・まつげの異物混入対策フード」や、顔回りの「隙間対策フード」をご案内し、体毛落下対策として「フィットインナー」をご紹介します。
また、これまでご好評を頂いている高性能商品を多数揃えて出展し、頭の先から爪先まで、トータルウエアリングで異物落下・混入対策をご提案します。


【TOKYO PACK 2014(東京国際包装展)概要】
開催期間:2014年10月7日(火)~10日(金)10:00~17:00


【ゴールドウインブース概要】
展示会場:東京ビッグサイト東6ホール 6-15
プレスデー:2014年10月7日(火)11時


【主要出展商品の一例】
・異物防止フード付ジャケット
異物混入防止フードと快適素材ジャケットを合体。
上半身からの異物漏洩対策としてご提案致します。

・フィットインナー
肌に密着させることで体毛落下を防止する新素材フィットインナーを出展致します。

ゴールドウイン ハイテック事業部について
ゴールドウインでは、1986年よりハイテックウエア(防塵服)の開発に着手しています。
防塵性だけでなく、動きやすさ、着心地のよさ、通気性や透湿性など、様々な機能を備えたハイテックウエアを提案しています。
半導体・液晶、製薬、食品の異なる3つの分野の超清浄空間に対応するクリーンルームウエアをはじめ、快適性と安全性を重視したクリーンルーム用シューズ、その他高性能製品の研究開発に全力を傾注し製品化いたしております。
既にその製品は、国内はもとより、東アジア地域において好調な販売実績を上げており、その機能性と快適性は各方面から好評を得ています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング