1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

価格.comトレンドレポート 「2012年 もっとも注目を集めた商材は? 」

PR TIMES / 2012年12月20日 11時27分

価格.comトレンドニュース 2012年注目記事ランキングを発表!

2012年もいよいよ終わりが迫ってきた今回は、「価格.com トレンドニュース」で今年1年間に紹介した中から、アクセス数をもとに、もっとも注目された記事ベスト10をピックアップしてこの1年間を振り返り、2012年のトレンドを総括してお届けします。



■レポート詳細(PDFファイル): http://prtimes.jp/a/?f=d1455-20121220-4710.pdf

【総括抜粋】
■2012年注目を集めたのは「スマートフォン/タブレット」と「本格志向のデジタルカメラ」

年間ベスト10の記事中、3本がスマートフォン関連で、2本がタブレット端末に関するものとなった。ベスト10のうち半分が、スマートフォン/タブレット端末関連で占められており、名実ともに、2012年はスマホとタブレットが話題の中心であったことがわかる。特に、秋以降に本格化した「7インチタブレット」の注目度は高く、アップルの「iPad mini」や、Googleの「Nexus 7」といった製品が今でも人気を保ち続けている。12月18日には、Amazonから「Kindle Fire HD」という7インチタブレットも発売され、この3製品が、この年末も話題の中心となっている。

なお、カメラ(デジカメ)関連の記事も3本ランクインしている。それぞれ記事の方向性は異なるが、今年のデジカメ界の大きなトレンドとして、「本格志向」ということがあった。年明けすぐに発表されたニコンの高級一眼レフカメラ「D800」を皮切りに、各社から高級カメラが相次いで発表され、大きな話題となった。ここ数年、成長がやや鈍化していたデジカメ市場であるが、原点回帰ともいえるこの本格志向によって、特にカメラに詳しい中高年を中心に、20万円を超える高級モデルがかなりの人気となった。この「本格志向」の流れは、コンパクトデジカメでも見られ、5万円前後の「高級コンデジ」と呼ばれる製品ジャンルが非常に人気を博し、1インチという大きなサイズのセンサーを搭載するものや、これまで想像だにしなかった50倍という光学ズームを搭載するハイズーム機などが、特に注目の的となった。

【価格.comサイトデータ】(2012年11月末現在)
月間利用者数3,921万人、月間ページビュー9億9,714万PV、累計クチコミ件数約1,500万件
<利用者内訳>PC:2,933万人 スマートフォン:850万人 フィーチャーフォン:138万人

【データの引用・転載時のクレジット表記について】
本レポート結果の引用・転載の際は、必ずクレジットを明示くださいますようお願いします。
例)「価格.comトレンドサーチ」調べ、「価格.com」のデータ分析によると…など

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング