1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

デル・テクノロジーズ、「Dell ObjectScale version 1.3」および「Dell ObjectScale XF960」を発表

PR TIMES / 2023年11月9日 14時15分

「ObjectScale」のスピード、持続可能性、セキュリティーで、AIをはじめとするテクノロジーを促進 - オールフラッシュのターンキー アプライアンスとして提供



2023年11月9日
デル・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ、URL:https://www.dell.com/ja-jp )は、完全に統合されたターンキー ソリューションとして、最新のソフトウェア イノベーション「Dell ObjectScale version 1.3」と、本ソフトウェアを搭載した「Dell ObjectScale XF960」を発表しました。「ObjectScale XF960」は、最新世代の「Dell PowerEdge」サーバーを基盤に設計されているパワフルなオールフラッシュ アプライアンスです。これまで「ObjectScale」が提供していたソフトウェア デファインド オプションを超える柔軟性を提供します。さらに、Kubernetesを基盤にカスタムビルドされた、世界で最も強力なオブジェクト ストレージ アプライアンスを提供します(*1)。
[画像: https://prtimes.jp/i/25237/233/resize/d25237-233-7508ea52cd7ee50d9452-0.png ]


アナリティクスや生成AI、また関連するクラウド ネイティブなアプリケーション開発など、高度な処理能力が求められるワークロードのプライマリー ストレージとして、オブジェクト ストレージの採用はますます増えています。

デル・テクノロジーズの「ObjectScale(https://www.delltechnologies.com/ja-jp/storage/objectscale.htm#tab0=0 )」は、スケールアウト型のハイパフォーマンスなコンテナ化オブジェクト ストレージです。グローバル ネームスペースや強力なS3互換性、パワフルなパフォーマンス、また導入初日から効果を発揮するエンタープライズ グレードのセキュリティーによって、お客様を迅速にサポートします。

卓越した柔軟性でクラウドを最適化し、生成AIなどに対応:
「ObjectScale」にとって最も重要なポイントは柔軟性であり、現在必要な容量からPB(ペタバイト)、さらにはそれ以上の容量へと拡張できます。OpEx(運用コスト)またはCapEx(設備投資)の価格モデルを選び、パブリック クラウドと同じ使いやすさを実現します。ソフトウェア デファインドの「ObjectScale」によって、エッジ ロケーションでデータ管理を最適化してデータを取り込み、「ObjectScale XF960」アプライアンスによって、データセンターでハードコア処理を実行します。Starburstと「ObjectScale」を組み合わせることで(https://www.dell.com/en-us/blog/ai-anywhere-on-data-everywhere/ )、オンプレミス環境およびマルチクラウド環境にわたり、ハイパフォーマンスで制限なしに拡張可能なレイクハウスの基盤を構築することができます。

「ObjectScale」は、オールフラッシュ アプライアンスに加え、選択可能なソフトウェア デファインドの2つのオプションを用意しています。「Software Bundle」では、お客様のインフラストラクチャーに展開し、「ObjectScale」とKubernetesの管理は、デル・テクノロジーズが行います。「As-an-Application」では、デル・テクノロジーズが「ObjectScale」を管理し、お客様はKubernetesを搭載したハイブリッド クラウド アプリケーション プラットフォームであるRed Hat OpenShiftを展開・運用します。

これまで以上のパフォーマンスと持続可能性で、イノベーションをスピードアップ:
人工知能(AI)や機械学習(ML)、アナリティクス、クラウド ネイティブ アプリケーションは、ミリ秒レベルの遅延(レイテンシー)の影響を受けることが多い傾向にあります。「ObjectScale XF960」の優れたスケールとパフォーマンスの組み合わせは、オンプレミス クラウドを通じて、これまで以上に多くのデータでアルゴリズムをトレーニングするために、必要としている環境を提供します。

「ObjectScale」は、市場で最高レベルのS3互換性をもつマイクロサービスとKubernetesオーケストレーションを提供します(*2)。「ObjectScale XF960」は、強力な最新世代の「PowerEdge」サーバー パフォーマンスとフルスタックNVMe接続性によって、開発サイクルをスピードアップし、ノードあたり最高4.3GB/秒の読み取りと3.3GB/秒の書き込みを可能にして、迅速なデータ アクセスと伝送を実現します(*3)。

「ObjectScale XF960」のパフォーマンスは、最新の持続可能性および効率性によって、最適なバランスを実現しています。その好例が、インテリジェントなサーマル(熱)アルゴリズムと、デル・テクノロジーズの「Smart Flow」シャーシによって、最も必要な場所で最適なレベルの冷却を実現する「PowerEdge」スマート冷却テクノロジー(https://www.dell.com/ja-jp/dt/servers/power-and-cooling.htm#tab0=0 )です。さらに、今回発表した最新アプライアンスは、前世代の2倍の密度(*4)、廃棄物と排出を削減するための柔軟な利用オプション、また安全なデータのサニタイズと破壊を含む包括的なプロフェッショナル サービス オプションを提供します。

エンタープライズ規模でゼロトラストを確立:
「ObjectScale」は、「Dell ECSエンタープライズ向けオブジェクト ストレージ(https://www.dell.com/ja-jp/dt/storage/ecs/index.htm#tab0=0&tab1=0 )」と同じコードベースで構築されており、信頼性とエンタープライズ環境で実証済みの特性を継承しています。デル・テクノロジーズは、初の商用CAS(コンテンツ アドレス ストレージ)システム(「Dell Centera」)を提供したベンダーで、オブジェクト ストレージの分野で、20年以上にわたりリーダーとしての位置付けを確立しています。お客様は、「ObjectScale」による包括的な内蔵のセキュリティーとデータ保護を展開することで、デル・テクノロジーズが確立しているゼロトラストのコンセプトを、自社環境に適用することができます。

今回発表した最新のソフトウェア アップデートと「ObjectScale XF960」は、パブリック クラウド単体で利用できる能力を超える、高度な新機能を提供します。新しいS3バケット ログおよび強化したS3レプリケーションにより、監査とコンプライアンスを強化します。また、新しいコンセンサス ベースの保護と自己暗号化ドライブ(SED)により、不正な管理者などの「悪意ある攻撃者」の脅威からの保護などが可能になります。

業界における変わらぬリーダーシップ
お客様は、「ObjectScale」によって、パブリック クラウドとほぼ同じ体験をチームに提供できますが、「ObjectScale」は、デル・テクノロジーズの強力な運用管理、パフォーマンス、セキュリティーによって支えられています。デル・テクノロジーズが、Kubernetesオーケストレーション層を含む環境のサポートと管理を行うので、お客様のアプリケーション チームやデータ サイエンス チームは、新しいデータセットのトレーニングや、需要が高いプロジェクトの開発サイクルの短縮に集中することができます。

価格と提供について
■価格:個別見積もり
■提供について:デル・テクノロジーズおよびビジネスパートナーから提供します。

*1. 入手可能な公開仕様と「Dell ObjectScale XF960」(32コアのインテル デュアル プロセッサー x 2、256GBメモリーで構成)の比較に基づく(2023年9月)。
*2. 公開されている製品情報によるデル・テクノロジーズ社内分析に基づく(2023年10月)。
*3. 大規模オブジェクト(200MB)の読み取り/書き込みにおける、「ObjectScale XF960」の最大帯域幅に関するデル・テクノロジーズ社内分析に基づく(2023年10月)。実際の結果は変動する場合があります。
*4. デル・テクノロジーズ社内分析に基づく - 「ECS EXF900」と比較(2023年10月)。実際の結果は変動する場合があります。

# # #

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

(C) Copyright 2023 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologiesが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください