シンガポールのRBキャピタルが再開発計画パートナーにIHGを選定、シンガポールで2軒目のインターコンチネンタルを開発

PR TIMES / 2014年10月6日 13時43分

シンガポール川に面したロバートソンキー地区に225室のラグジュアリーホテルをオープン

世界有数のホテルグループ、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、シンガポールの有力デベロッパーであるRBキャピタル(RB Capital)社との新たなマネジメント契約を結び、同国で2番目となるインターコンチネンタル ホテルを開発する運びとなったことを発表しました。
(本ニュースリリースは、2014年9月30日にIHGが発表したニュースリリースの抄訳版です)



世界有数のホテルグループ、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)は、シンガポールの有力デベロッパーであるRBキャピタル(RB Capital)社との新たなマネジメント契約を結び、同国で2番目となるインターコンチネンタル ホテルを開発する運びとなったことを発表しました。

新たに誕生するインターコンチネンタル シンガポール ロバートソンキー(InterContinental Singapore Robertson Quay)は、市内を流れるシンガポール川に面した225室のホテルで、観光客と市民の両方をターゲットにしたRBキャピタルの地区再開発計画「ロバートソンキー・プロジェクト」の一角にオープンします。現在ギャラリー・ホテル(Gallery Hotel)がある場所で2016年のオープンを予定しています。

同ホテルの設計は、シンガポールを拠点にさまざまな賞に輝くSCDAアーキテクツ社(SCDA Architects)が担当し、下層部分にはレストラン、バー、高級店などが配置される複合施設となる計画です。シンガポールの中心部に位置し、世界的にも名高いショッピング街のオーチャードロード、シンガポール観光名所のひとつである中華街、ビジネス街のいずれにも近く、ビジネスおよびレジャーのお客様にとって便利なロケーションです。

ホテルの外観や内装は現代感覚あふれるデザインで、客室からはシンガポール川や市街の景観をお楽しみいただけます。1階にはホテルのエントランスロビー、コンシェルジュサービス、館内随一のレストランを配置し、4階にはフロント、ミーティングルームやイベントスペース、クラブラウンジ、プール、バーが設けられます。

IHG の AMEA(アジア・中東・アフリカ)地域 CEO、ヤン・スミッツは、次のように述べています。「シンガポールは、観光地としてますます大きく成長する可能性を秘めています。最近も世界経済フォーラムでアジア随一の観光と航空輸送のハブと評されていますが、チャンギ空港には今後第4ターミナルが増設されて輸送可能な旅客数が年間1,600万人分も増える見込みです。アジアにおける観光需要の拡大を背景に、シンガポール経済には一層の発展が期待できます。RBキャピタルとIHGは、ともに都市開発において高い評価を確立している企業で、これまでにパートナーとしての実績もあります。今回のプロジェクトは、両社が協力しながらシンガポール市場におけるプレゼンスをさらに高めていく大きなチャンスであり、2016年に予定されているインターコンチネンタル シンガポール ロバートソンキーのオープンに向けて期待が集まっています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング