中居正広、約8年ぶりのTBS連続ドラマ出演!4月クール日曜劇場「ATARU」主演に決定!映画「レインマン」でダスティン・ホフマンも演じた、サヴァン症候群という特殊な能力を持った難役に挑戦!

PR TIMES / 2012年1月30日 17時16分

TBSでは4月期の日曜劇場で中居正広主演のドラマ『ATARU』(2012年4月スタート日曜よる9時)を放送する事が決定した。

中居にとっては2004年に放送され最高視聴率26.3%を記録した大ヒットドラマ『砂の器』以来、約8年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)。『砂の器』では天才ピアニスト役という難しい役を演じ、役者としても高い評価を受けた中居だが、今回演じるのは、映画「レインマン」でダスティン・ホフマンも演じたサヴァン症候群(※1)という、特殊な能力を持ったナゾの男・アタル。再び難役に挑戦する事となった。

中居はドラマが決まり「TBSは8年間もどうしてたんだという思いでずっと待っていました(笑)」と冗談を言いながらも「非常に難しい役なので撮影は本当に大変だとは思いますが、しっかり演じていきたいと思っています」と、早くも久しぶりのドラマ撮影へ気合十分の様子だ。

(※1)サヴァン症候群とは、自閉症や知的障がいを持った人のうち、特定の分野に限って常人では及びもつかない驚くべき才能を発揮する人の症状の事をいう。(その分野は、記憶力・演奏力・絵画・計算など多岐にわたる)


今回の物語は、サヴァン症候群である主人公・アタルの特殊な能力が、警察も気づかなかった犯罪事件に関する微細な証拠を“発見・観察・洞察・推理”し、事件解決につながる「単語」を次から次へと発することで進んでいく。その「単語」の羅列を鍵に、迷宮入りしかけた難事件を毎回解決していくというストーリー展開のなかで、「単語」の意味するものは何かを視聴者と共に推理していく新感覚のミステリーエンターテイメントとなっている。

共演には、北村一輝・栗山千明が決定。
北村は警視庁の刑事・沢俊一役、栗山はその部下だった元刑事・蛯名舞子役で、2人はアタルの提示する事件の鍵(=単語)を解いていくことになる。
「台本は間違いなく面白いです。本がおもしろい!の一言につきます。ドキュメントみたいなドラマだと思いましたし、自分が面白いと思える台本に出会えるのは、役者冥利につきますね。何より今は、続きの台本が来て読むのが楽しみで仕方ありません。」そう中居をうならせた今回の台本。

アタルは常に人の思考の何十手も先を行く。しかしコミュニケーション能力に問題を抱えるため、彼の発する言葉は難解で、理解不能の行動も取り、時にパニックを起こす。ちなみに好物は「トマトケチャップ」と「ハニーマスタード」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング