色を貼る空間装飾テープブランド「HARU stuck-on design;」色の世界を探訪するインスタレーション/Milano Fuori Salone 2018

PR TIMES / 2018年3月23日 11時1分

日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役 取締役社長:高﨑秀雄)のグループ企業である株式会社ニトムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:田中太)は、2018年4月17日(火)~22日(日)に、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ国際家具展示市」の市街地イベント「ミラノフォーリ サローネ」※に、貼ってはがせる空間装飾テープブランド「HARU stuck-on design;」にて出展いたします。当社の出展は、2016年のブランドデビューから3度目を迎えます。



本年は、会場であるVENTURA CENTRALE(ミラノ中央駅の高架下スペース)の場の特性を活かし、古人が洞窟の壁画より得たであろう感覚的なイマジネーションの広がりをインスピレーションに、「HARU stuck-on design;」の特長である「色」が空間や人々の感情に与える影響をインスタレーションを通して問いかけ、テープ本来の機能性や利便性を超えた人々の感情へと作用する「色を貼る」という文化を世界へ提案していきます。

[画像: https://prtimes.jp/i/1499/236/resize/d1499-236-928887-0.jpg ]



※ミラノフォーリ サローネ
世界最大の家具・デザインのイベント「ミラノサローネ国際家具展示市」の市街地イベント。
ミラノサローネ国際家具展示市とあわせ、『Milano Design Week』と呼ばれ、全体で100万人規模の人々で賑わう世界一のデザインの祭典としても知られている。

ミラノフォーリ サローネ出展概要
タイトル:HARU stuck-on design; bring color into your life
会期:2018年4月17日(火)~22日(日)
時間:10:00~20:00
会場:VENTURA CENTRALE via Ferrnte Aporti 11 Milano

HARU stuck-on design;
"色を貼る”という発想で空間をクリエーションする“貼ってはがせる”テープブランドです。
和紙テープを始めとする3種の素材と8種のファミリーカラーを基調とする、豊富なカラー、多彩なサイズ展開で、壁面や床面を“貼るだけ”で彩ることができます。2017年には、世界有数のデザイン賞の一つである「レッドドット:プロダクトデザイン賞」を受賞。クリエイティブ・ディレクションは、SPREAD
ブランドサイト: http://www.haru-stuckondesign.com/

クリエイティブ ディレクション SPREAD
小林弘和と山田春奈によるクリエイティブ・ユニット。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ、「SPREAD=広げる」クリエイティブを行う。「カラーとコンセプト」を特徴にロゴ、CDジャケット、展覧会などのグラフィック、プロダクト、パッケージのデザイン&ディレクションに広く関わり、常に社会提案を心がける。red dot design賞、iF design賞、D&AD賞、アジアデザイン賞、グッドデザイン賞ほか国内外での受賞歴多数

会社概要
会社名 :株式会社ニトムズ
設立 :1975年4月1日
本社住所 :東京都品川区東品川4丁目12番4号 品川シーサイドパークタワー7階
代表者 :代表取締役 田中太
資本金 :1億6,000万円(2017年4月1日現在)
社員数 :317名(2017年4月1日現在)
URL : http://www.nitoms.com/
事業内容 :日用家庭用品、文具、医療・ヘルスケア製品などの企画・製造・加工・販売及び輸出入



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング