堀江貴文インタビュー動画、解禁!!インターネットから隔絶された640日間、独房の中で本を選び、読み、何を考えたのか――

PR TIMES / 2013年8月30日 18時13分

株式会社角川書店



『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』堀江貴文著

堀江貴文インタビュー動画公開!

◆角川書店書籍編集部(ビジネス、実用)
 Facebook    https://www.facebook.com/kadokawaNF
 Twitter     https://twitter.com/kadokawanf
◆角川書店 話題の新刊・話題の本
 2013年8月新刊 http://www.kadokawa.co.jp/sp/shinkan/


今後、特設ページにてプロローグ全文も掲載予定です。どうぞお楽しみに!

本書では、著者が読んだ約1000冊の中から42冊の珠玉の本を取り上げ、解説だけではなく、ビジネス・情報・歴史・科学技術など、自身の情報源となる考え方を初めて公開!
さらに、書評サイトHONZの代表・成毛眞氏との対談や著者が厳選した「刑務所ブックリスト」も収録。
【発売日】2013年8月30日 【定価】1365円(税込) 【頁】224頁 【体裁】四六判並製


~本書に出てくる「堀江語録」~

●どう生きるかを決めるのは自分自身だが、人がどう生きたかを教えてくれるのは、案外、本だけだったりする

●僕は「こうなればいいな」って世の中をつくったり、自分が欲しいサービス・モノをつくりたいと、
 ただただ思って行動している

●いろんなことを自分でやってみて、そこから自分だけに見える風景を目に焼き付けること。
 それが人生で一番楽しいことじゃないかな

●僕は、「時代の転換点」を誰よりも近くで見ていたくて、ロケットを飛ばしている

●極端すぎる生き様を知ることで、自分が置かれている状況に幸せを感じたり、
 自分に足りないものを知るヒントになる

●未知を既知にしていく喜びは、人を永遠の少年にする

●これから物事を起こすために必要なのは、結果論の分析ではなく、0を1にする行動でしかない

●科学者や理系オタクは、どんな時代にいても、その時代の環境の中で、
 最先端の科学を希求するというマインドが同じだ

●お金の稼ぎ方とかはすごく勉強するんだけど、「お金って何だろう」みたいなこと、
 つまり経済学ってあんまり勉強していないのではないだろうか?
(※本書より一部抜粋)


「僕の頭の中は、こんなに自由だ」
読書から始まった“ビジネスと人生”の大切な話

【構成】

第1部 僕が本を読みながらツラツラ考えたこと
 1.「こうなるといいのに」を実現する働き方【仕事・ビジネス】
  ◆日本人はもうちょっと“わがまま”になったほうがいい(『カレチ』池田邦彦)
  ◆なぜ日本では「怪物」が育たないのか?(『理系の子』ジュディ・ダットン)
   ……etc.
 2.情報を鵜呑みにする日本人へ【情報】
  ◆“情報人災”としての福島原発(『「反原発」の不都合な真実』藤沢数希)
  ◆「北朝鮮は危ない」は本当か? オウム事件から見える日本人論(『A3』森達也)
   ……etc.
 3.破天荒でいい――「人生に倍賭けする」生き方【生き様】
  ◆勝者に学ぶ“ヤマ師の美学”(『二重らせん』ジェームス・D・ワトソン)
  ◆超絶人生が教えてくれる、自分の立ち位置(『トラオ』青木理)
   ……etc.
 4.この2年で「日本人の生き方」が変わった?【ライフスタイル】
  ◆決定!「人生で一番泣いた本」(『とんび』重松清)
  ◆やっぱり、理系のオタクが、世界を変える!(『天地明察』冲方丁)
   ……etc
 5.日本はこの先、一体どうなるの?【過去・現在・未来】   
  ◆「時代を読む力」がありすぎると、悪役にされる(『青雲の梯』高任和夫)
   ……etc.

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング