世界のインターコンチネンタルホテルズ&リゾーツのベスト 10 - 第 8 回: 極上スパでご褒美タイム

PR TIMES / 2014年10月10日 20時27分

インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ(以下、インターコンチネンタル、運営会社/日本: IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)では、世界 60 カ国以上で運営する 180 ホテルにおよぶラグジュアリーなインターコンチネンタルの中から毎回ユニークなテーマをひとつ設けてベスト 10 を選び、メディアの皆様にシリーズでお伝えいたします。



インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツ(以下、インターコンチネンタル、運営会社/日本: IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)では、世界 60 カ国以上で運営する 180 ホテルにおよぶラグジュアリーなインターコンチネンタルの中から毎回ユニークなテーマをひとつ設けてベスト 10 を選び、メディアの皆様にシリーズでお伝えいたします。

第8 回のテーマはスパ。タヒチ・ボラボラ島の水深900mから汲み上げる海洋深層水による本格的なトリートメント、アジアのリゾートで楽しむアーユルヴェーダ、海水や地元のハーブなど天然素材を使った石垣島のタラソスパ。世界各国のインターコンチネンタルでは、その土地ならではの特長のあるスパメニューとラグジュアリーな雰囲気を満喫する、極上スパが揃います。自分へのご褒美に、束の間の休息にーー。心と体を解き放ち、五感を満たすインターコンチネンタルのスパで、贅沢な時間をお過ごしください。

*掲載順序は順不同で、ランキングではありません。

1. ALL THAT SPA OSAKA(インターコンチネンタルホテル大阪)

インターコンチネンタルホテル 大阪のオールザットスパ オオサカは大阪の中心でありながら、まるで茶室に居るようなZEN(禅)の静寂へと導きます。一歩スパに足を踏み入れると、耳に心地よく響く水の音があなたのスパ・ジャーニーの始まりを告げます。全室がスパスイートという贅沢な空間で、ボディ、フェイシャル、専用ルームでのヘッドスパに至るまで、様々なメニューをお楽しみください。

インターコンチネンタルホテル 大阪 (InterContinental Osaka)

関西最大のビジネスと商業の拠点・大阪に、2013 年 6 月にオープンしたインターコンチネンタルホテル大阪。大阪の新名所として人気を集めるグランフロント大阪に立地し、大阪と周辺地域を一望する 20 階の高層ロビー、平均 50 m2 以上のゆとりある 215 のホテル客室とサービスレジデンス 57 室のほか、コンテンポラリーフレンチ「Pierre(ピエール)」とブッフェレストラン「NOKA(ノカ)」など魅力的な施設を完備しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング