エイベックスビルが、第31回日経ニューオフィス賞「ニューオフィス推進賞」を受賞

PR TIMES / 2018年8月3日 16時1分



 エイベックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松浦勝人)の本社ビルである「エイベックスビル」が、「第31回日経ニューオフィス賞」(主催:日本経済新聞社/一般社団法人ニューオフィス推進協会(NOPA)後援:経済産業省/日本商工会議所)におきまして「ニューオフィス推進賞」を受賞いたしました。この賞は、「ニューオフィス」づくりの普及・促進を図ることを目的とし、創意と工夫をこらしたオフィスを表彰する賞です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-689187-0.jpg ]



当社は、エンタテインメント業界を取り巻く外部環境の変化を乗り越え、新しい価値創造と非連続的な成長を成し遂げるために、2015年末より「人事改革」「組織改革」「風土改革」の3つを柱に社内構造改革を実施して参りました。

この改革を実現し、イノベーションを促進するためのオフィスとして、「コミュニケーション・コラボレーションが起こる」「働きがいのある」「エンタテインメント企業ならではの機能を備えている」の3つをコンセプトに、エイベックスビルは、2017年12月にグランドオープンいたしました。

エイベックスビルは、今後も進化を続け、社内外を問わずエンタテインメントに関わる人材や才能が集まるコミュニティへと成長し、青山エリアのランドマークとなることを目指します。


エイベックスビル3つのコンセプトとオフィス環境

<コミュニケーション・コラボレーションが起こる>

■外部とのコラボレーションを促進するコワーキングスペース「avex EYE」
■社内外のコミュニケーション、コラボレーションが起こる社員食堂「THE CANTEEN」
■社内コミュニケーションを促進するフリーアドレスの執務フロア

【コワーキングスペース「avex EYE」】
[画像2: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-689358-1.jpg ]


【執務フロア】
[画像3: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-259530-2.jpg ]



<働きがいのある>

■組織を超えたコミュニケーションやコラボレーションが自然偶発的に起こるフリーアドレスの執務フロア
■上司・部下のコミュニケーションを活性化し、社員の成長のための時間を実現する「1on1ブース」の設置
■執務エリアとしても使用可能で、リフレッシュ活用など生産性向上にも繋がる空間を目指した社員食堂「THE CANTEEN」

【1on1ブース】
[画像4: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-591987-3.jpg ]


【社員食堂「THE CANTEEN」】
[画像5: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-628813-4.jpg ]



<エンタテインメント企業ならではの機能を備えている>

■未来のアーティスト・タレントをトレーニング・育成する レッスンスタジオ「avex artist academy 本社スタジオ」
■ネットの生配信等をはじめ、映像の撮影・編集等を一気通貫でできる 映像スタジオ「avexR studio(読み:エイベックスアールスタジオ)」

【avex artist academy 本社スタジオ】
[画像6: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-133190-5.jpg ]


【avexR studio】

[画像7: https://prtimes.jp/i/2323/238/resize/d2323-238-886317-6.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング