トリップアドバイザー 世界最大規模の旅行動向調査「トリップバロメーター2014」を発表

PR TIMES / 2014年4月23日 17時27分

-- 2014年はより多くの日本人が国内・国外旅行を計画。日本人の「食」に対するこだわりと、ガイドブックやパンフレットを重宝している現状が明らかに --

世界最大の旅行口コミサイト*「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 原田静織、http://www.tripadvisor.jp/)は、全世界の宿泊事業者および旅行者を対象にした世界最大規模の旅行動向調査である「TripBarometer(トリップバロメーター)2014」(以下、トリップバロメーター)を発表しました。トリップバロメーターは、トリップアドバイザーが年に2回発表する、旅行者の消費動向や各国の特徴、旅行の計画の立て方の違いなどを把握することを目的とした調査です。

【調査の主なポイント】
■日本人の旅行に関する年間平均支出額は約 64万円(脚注1)
■海外旅行を計画している日本人は昨年より1割増
■世界では44%が旅行の計画に為替変動の影響があると答えているのに対し、日本では38%に留まる
■日本人が今後1~2年の間に訪れたい憧れの旅行先は、1位イタリア、2位アメリカ、3位スペイン
■日本人にとって、「食」が旅行の重要な要素であることが判明
■日本のホテル事業者は、インターネット上の口コミと宿泊料金が、旅行者の意思決定に最も影響を与えていると認識(55%)
■97%の日本人がインターネットを利用して旅行の情報を収集し、計画を立てているが、同時にガイドブックや旅行会社のパンフレットも重宝して利用している(70%)
■日本人旅行者はスマートフォンを頻繁に利用しており、89%が旅行中も使用すると回答
■日本のホテル事業者はモバイル向けのサービス提供に関して、世界のホテルに比べ遅れを取っている(世界76%、日本67%)

【調査概要】
目的:国、地域、世界の旅行トレンドの集計・分析・発表
実施機関:調査会社Ipsosがトリップアドバイザーの委託を受けて実施
集計期間:2014年2月14日~3月10日の間にオンラインで実施
対象国・地域:世界7エリア・32の国と地域
対象者:旅行者50,637名、宿泊事業者10,370名、合計61,007名(脚注2)、うち日本人回答者2,446名
特記事項:前回の調査結果との整合性を図るため、調査データには世界のオンライン人口比を、全体、及び各国・地域別にも加重

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング