【C3fit(シースリーフィット)】ウエア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズの販売を開始します

PR TIMES / 2014年9月30日 12時25分

ウエアで心拍を計測。効果的なトレーニング、体調管理が可能

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)の「C3fit(シースリーフィット)」は、着用するだけで心拍数・心電波形などの生体情報を取得できる機能素材「hitoe」を活用したウエア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズと専用のトランスミッター「hitoeトランスミッター 01」の販売を、当社直営店7店舗において12月より開始します。



「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズは東レ株式会社と日本電信電話株式会社が開発・実用化した機能素材 “hitoe”を活用したウエア型のトレーニングデータ計測用デバイスです。着用するだけで心拍数を取得でき、取得した心拍数データは、hitoe専用のトランスミッターとスマートフォンを連携させることでアプリに表示できます。対応アプリは株式会社NTTドコモが提供する「Runtastic for docomo」です。

ウエア型のため、長時間のトレーニング時の着用でも違和感やセンサー位置のズレが少なく、正確に心拍数が計測できるので、効果的なトレーニング、戦略的なレース、体調管理など目的に合わせた使用が可能となります。

当ブランドは2009年より「運動機能を着るウエア」というコンセプトのもと、高機能コンプレッションウエアブランドとして、一般医療機器「弾性ストッキング」の血行促進効果を持つタイツを始め、スポーツシーンから日常の活動時まで快適に過ごしていただくためのコンプレッションウエアおよびソックスを提供してきました。

今回、発売する「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズは、当ブランドの事業拡張戦略の一つとして2015年春夏デビューするランニングアパレルのコアアイテムになります。

また、女性用ブラトップ型の「C3fit IN-pulse(インパルス)」も展開予定で、順次、展開店舗も拡大していく予定です。

当ブランドは今後もコンプレッションウエアのみならず、快適にスポーツを楽しむためのウエアを提案していきます。

【商品のご紹介】
■C3fitインパルスハーフスリーブシャツ
サイズ:S、M、L、XL(メンズサイズ)
カラー:(K)ブラック、(W)ホワイト、(R)レッド

■C3fitインパルススリーブレスシャツ
サイズ:S、M、L、XL(メンズサイズ)
カラー:(K)ブラック、(W)ホワイト、(R)レッド
特徴
1)着衣するだけで心拍数の取得が可能な機能性素材“hitoe”を活用したトレーニングウエア
「hitoeトランスミッター 01」(別売)と連携すると、「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズで取得した心拍数をスマートフォンに転送可能。
2)ウエア型のため、高精度な心拍数の計測が可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング