博報堂グループの博報堂ケトル、新代表取締役社長及び共同CEO就任のお知らせ

PR TIMES / 2019年10月3日 7時40分

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)のグループ会社の株式会社博報堂ケトル(以下、博報堂ケトル)は、2019年10月1日付けで新代表取締役社長、及び共同CEOが就任いたしましたので、お知らせいたします。



[表: https://prtimes.jp/data/corp/8062/table/240_1.jpg ]


博報堂ケトルは2006年の設立より共同CEOとして嶋 浩一郎、木村 健太郎が新しいコミュニケーションの形を創ってまいりました。コミュニケーションの形が時代に合わせて変化していく中で、次の世代にバトンを渡し、これからもコミュニケーションにおけるトップランナーであり続けるために、新しい共同CEOの就任にいたりました。

博報堂ケトルは、今後も新体制のもと、従来の広告の枠組みにとらわれず、革新的な統合コミュニケーションソリューションを提供してまいります。

■プロフィール

[画像1: https://prtimes.jp/i/8062/240/resize/d8062-240-262635-1.png ]


太田 郁子(Ikuko Ota)
代表取締役社長 共同CEO

2001年博報堂に入社。ストラテジックプラナーとして、様々な企業の経営戦略、マーケティング戦略の立案や商品開発に参画。2012年博報堂ケトルに出向。クリエイティブディレクターとして、様々な企業の統合コミュニケーションを構築。2015年、博報堂ケトルにPR専門チームを設立、そのリーダーを務める。主な受賞歴として、カンヌライオンズなど多数。2018年SPIKES ASIA PR部門審査員。


[画像2: https://prtimes.jp/i/8062/240/resize/d8062-240-801726-2.png ]


船木 研 (Ken Funaki)
代表取締役 共同CEO

1996年博報堂入社。博報堂クリエイティブ・ヴォックスを経て2006年博報堂ケトル設立に参加。アート系出身ならではの視点を活かし、クリエイティブディレクターとして企業の事業開発からCM、イベント、PRまでメディアにとらわれず手がけている。
受賞暦にカンヌライオンズシルバー、クリオゴールド、ニューヨークADCゴールド、D&ADイエローペンシル、スパイクスゴールド等


■博報堂ケトル 会社概要

[画像3: https://prtimes.jp/i/8062/240/resize/d8062-240-797825-3.jpg ]


社  名:株式会社博報堂ケトル
設  立:2006年4月3日
事業内容:クリエイティブプラニング、制作業務、
キャンペーンディレクション、プロデュース、
アカウントプラニング、ブランドコンサルティング、
エンタテインメント・コンテンツ事業、商品開発

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング