BSIジャパン、ISO 29990とISO 29991(公式教育外の語学学習サービス事業者向け規格)の認証を株式会社SRIに実施

PR TIMES / 2014年8月27日 14時51分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社SRI(東京都港区 代表取締役 中西 孝治)へ、ISO 29990(学習マネジメントシステム)と、ISO 29991(公式教育外の語学学習サービス事業者向け規格)の認証を実施しました。 (認証登録日:2014年8月14日)

 株式会社SRIは、ISOに準拠したマネジメントシステムの構築・運用支援や、人材育成支援を中心に事業を展開しています。語学教育コースの提供において、自社のコンテンツの品質や他社との違いなどを顧客により一層理解いただきたいという課題を解決するため、ISO 29990とISO 29991のマネジメントシステムを構築し、BSIジャパンから認証を取得しました。
 
 ISO 29990(非公式教育・訓練のための学習サービス・サービス事業者を対象とした基本的要求事項)は、学習塾や予備校、各種専門学校などが、受講者のニーズや期待を把握しながら、専門的な学習サービスを提供できるような仕組みを確実に実施することを目的とするマネジメントシステムです。

 近年、国際的に通用する品質保証のための枠組みが各サービスで求められるなか、教育分野においても教育サービス提供機関(学習塾や語学教室など)が社会へ与える影響力が高まり、ISO 29990(非公式教育・訓練における学習サービス - サービス事業者向け基本的要求事項)が2010年に発行されました。

 また、ISO 29991は、2014年3月にISO(国際標準化機構)より発行された公式教育外の語学学習サービス事業者向けサービス規格であり、本規格は、語学学習サービス市場の透明性及び信頼性の向上、消費者(学習者)の保護、学習者の語学学習の向上を目的として発行されました。ISO 29991は、あらゆる規模・種類の語学学習サービスを提供する事業者、団体、協会に適用され(教材開発、販売のみの事業者は含まれません)、語学学習について、そのニーズの明確化、サービスの設計、講師要件、教材の利用可能性、学習環境、アセスメントと評価、サービスの販売促進及び広報等についての要求事項が定められています。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいても、語学教育サービス市場の拡大にとともに、ISO 29991の市場浸透と拡大が期待されています。

株式会社SRI 代表取締役 中西 孝治 様からのコメント
◆ISO 29990/ ISO 29991 認証取得の目的
長年IT業界及び教育機関で勤務していましたが、教育の品質・教材の品質・ソフトウェアの品質を評価いただくことに苦労していました。近年LMS(学習サービスマネジメントシステム)をリリースし、語学教育コースの提供を開始しましたが、特に語学教育は既に多くの教材やコンテンツが販売されており、他社との違い、コンテンツの品質をご理解頂くにはどうすればいいのかという課題に直面していました。これら課題を解決することが主たる目的です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング